女って楽しい♡ヘアメイク松田未来の「女を磨く美学」vol.4

SPECIAL 2018.8.18

新連載「女って楽しい♡ヘアメイク松田未来の『女を磨く美学』」では、美容業界に身を置くヘアメイク松田未来さんが、日々の暮らしの中で感じる“女磨きの美学”をテーマごとにお届け。第4回目のテーマは「肌に“ツヤ”を仕込んで、幸せを引き寄せる」です。「今よりもちょっぴり自分のことを好きになれるかも......」そんなワクワクが女磨きへの原動力になるはず♡

  • facebook
  • twitter

圧倒的なおしゃれセンスに憧れる人多数!ヘアメイク松田未来さんって?

松田未来(まつだ・みらい) ヘアメイクアップアーティスト

大阪の人気ヘアサロンにてトップスタイリストとして勤務後、東京に拠点を移し、ヘアメイクとしてのキャリアを本格的にスタート。ファッション誌、アパレルブランドのカタログ、ブライダルなど、さまざまなシーンで活躍中。青山の某サロンで、今もヘアスタイリストの仕事を続けている。仕事の様子や愛猫“マドレーヌ”との暮らしが垣間見られる、センス抜群のインスタグラムのフォロワー数は3.5万人越え。大人ガーリーな世界観に惹かれるおしゃれ女子が続出中。

ヘアメイクという仕事柄、女性の美しさに触れることの多い未来(みらい)さんの暮らしには、いたるところに彼女なりの美学が存在します。

例えば、部屋に花を絶やさないことだったり、ネイルの色に「好きだから」以外の理由があったり、普段は見えないパーツケアにこそ時間を注いだり......。未来さんが日常的に取り入れているこだわりは、どれも“自分を大切にする”ことばかり。自身を慈しむ行為は、小さな自信を生み、女性を美しくする作用があるのです。

この連載では、読むだけで女子力が高まる、未来さんならではの女磨きにつながる美学をあますことなくお届けします!

vol.4「肌に“ツヤ”を仕込んで、幸せを引き寄せる」

ツヤ肌、マット肌、セミマット肌。

肌の質感にも流行がある。

ここ数年続いた“ツヤ肌”ブームも勢いを弱め、
少しずつ“セミマット”に移行してきている。

今回私がお話ししたいのは、
トレンドの“ツヤ肌”についてではなく、
内側からあふれ出る“ツヤ”の話。

たとえファンデーションでマット肌に仕上げても、
心が満ちて幸せな人には“ツヤ”がある。

心がきらきらしている人は、顔に限らず肌がツヤツヤしている。

本当は、そんな内面からあふれ出る“ツヤ”を纏いたいのだけど、
そう簡単には叶わない。

そんなときは、
コスメ(*1)の力を借りるのもひとつの手。

自分が目指す女性像に合った、
ハイライトや美容液に助けてもらおう。

この間まで流行っていた “ツヤ肌”とはまた違う、
「今年の」「私の」肌。

「今夜はドレッシーなドレスに赤いリップをつけるから、素肌っぽい質感がいいな」

とか、

「思いっきり夏っぽいファッションだから、しっかりしたツヤ感が欲しい」

とか、

「秋の気配を感じる涼しい夜のお出かけは、さらっとした陶器肌が気分!」

とか。

その日の“気分”に合わせた肌に、
内側から出たような自然なツヤを仕込む。

顔に限らず肌に“ツヤ”がある人は、
健康的に見えるし、
満たされた幸福感がある。

辛いときも笑顔でいたら、
いつのまにか良いことがやってくるように、
“ツヤ”を仕込んでおいたら、
あとから幸せがついてくる。

あとからやってきた、幸せな気分を掴んだら、
そのときはコスメで作る“ツヤ”なんて必要ないかもしれない。

きっとそのころには、
デコルテや肩、髪にも“ツヤ”があふれているはず。

何も塗らなくても、
“ツヤ”のあるヘルシーな肌は、
女性からみても素敵だし、
男性も触れてみたくなるに違いない。

今こそ手に入れよう、本物の“ツヤ”を。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事