わたしの偏愛ストーリー

その哲学にハマった♡PR福本敦子さんのオーガニックコスメ偏愛論

SPECIAL 2018.4.5

多くのオーガニックコスメを扱う人気ショップ「コスメキッチン」の顔として活躍後、PR・コラムニストとしてマルチに活躍する福本敦子さん。オーガニックに精通した深い知識を手に幅広いメディアで活躍する彼女に、「オーガニックコスメ愛」について語っていただきました♡

  • facebook
  • twitter

周りの影響を受けやすいセンシティブな子どもでした

「コスメキッチン」に13年勤務し、PRとしてさまざまなメディアで活躍された福本敦子さん。これまで培った多くの経験を活かし、この春から個人で活動をスタート。オーガニックに精通した深い知識を活かし、現在フリーランスPR・美容コラムニストとして注目される彼女の「オーガニックコスメ愛」についてインタビュー。

「周りにイライラしている人がいると身体が痒くなったりするような、周りの影響を受けやすい子どもでした」と語る福本さんが、“オーガニックコスメ”と出合ったニューヨークのこと、影響を受けたコスメや「パーソナルなコスメ」というフラワーエッセンスのこと、いま愛用しているお気に入りのコスメも教えてもらいました♡

子どもの頃から、ナチュラルなものを好む傾向はあったのかもしれません

ワンピース/PHEENY アイウェア/ビューティ・オプティカル・サロン

ーー福本さんが「オーガニックコスメ」に出合ったきっかけは?

今からもう10年以上前でしょうか。はじめて旅行で訪れたニューヨークでたまたまホールフーズマーケットを見つけたんです。中に入ってみると、オーガニックコスメが棚にずらっと並べられていて。衝撃でしたね。

ーーそこではじめて「オーガニックコスメ」を知ることに?

実は、その頃すでにオーガニックコスメの存在は知っていました。でも、当時の日本にはまだオーガニックコスメのブランドが少なかったので、ホールフーズマーケットのように、あんなにもたくさんのオーガニックコスメに囲まれるという経験をしたのははじめてでした。

ーーオーガニックコスメと出合う前は、どのようなコスメを使っていたんですか?

もともと純度の高いものが好きで、ローズウォーターなどのピュアな成分を多く含んだコスメの方が肌に合うのは知っていました。

あと、母が自然派嗜好の人だったので、ファストフードやコンビニのご飯やお菓子は食卓に出てこず、おやつも作ってくれていたので、周りの友だちに比べると子どもの頃から、ナチュラルなものを好む傾向はあったのかもしれません。

ーーそのニューヨークでの“出合い”をきっかけに、オーガニックコスメにハマっていったのでしょうか?

その頃「コスメキッチン」でアルバイトをしていたのですが、「将来どうしたいか」ということが具体的になくて、今後どうしていくべきか迷っていたんです。でも、ニューヨークで初めてオーガニックコスメの棚に囲まれた時、何か大事なことに出会った気がしていて「私はここにいるべきだ」と思って。それから「コスメキッチン」に13年いるなんて、このときの私は想像すらしていませんでしたけどね(笑)。

オーガニックは掘れば掘るほど何か発見がある、というのが楽しくて!

左・ジャナーク・ジャパン スキンラスタークリーム
「フラワーエッセンスが入った保湿クリームなのですが、塗ると経皮吸収してストレスを外に出してくれるというもの。塗るとふわ〜っと力が抜けるんです。もう何本目か数えきれないほどリピートしてます!」

右・インソーレ フラワーオイル ジャスミン
「心地いいジャスミンの香りがたまりません♡ デコルテ部分に塗って寝るようにしています。リラックス効果はもちろん、ホルモンのバランスを整えてくれる作用もあります」

ーーはじめてオーガニックコスメの魅力に気づいた商品、覚えていますか?

もちろん。ヴェレダの「トチ バスミルク」です。残念ながら廃盤になってしまったんですが、トチの木の実からエキスを抽出したもので、湯船に入れみたら全身がふぁ〜っとほぐれ、“効いてるゾ!”というのを実感したのは、これが最初かもしれません。

ーーその後、オーガニックコスメのどのようなところに魅力を感じてハマっていったのでしょうか。

哲学者が開発してるブランドがあったりとか、ひとつひとつに思想や、使う人や環境への“思いやり“があるところでしょうか。掘れば掘るほど何か発見がある、というのが楽しくて! 

はじめに興味を持ったのは、哲学者のルドルフ・シュタイナーなのですが、彼はヴェレダの創立者でもあるんですね。

私、ヴェレダのカラフルなパッケージを眺めていると元気が出るので、部屋に飾るのが好きだったんです。そしたら、それは“人と色彩”という理論に基づいて作られていることをあとで知り、腑に落ちたんです。自分が感じることと理屈が合うってすごく気持ちいことだなって! 

フラワーエッセンスは、人生のターニングポイントのお助け役!

ーー数々のオーガニックコスメを扱ってきた福本さんの中で、最も影響を与えたものは?

たくさんありますが、強いて言うなら「フラワーエッセンス」との出合いは私の中でとても大きかったです。

ーーそれはどんな?

もう10年くらい前になるでしょうか。ちょうどコスメキッチンで働きはじめてすぐのころ、フラワーエッセンスがお店に置いてあったんですね。でも、私はもちろん周りのスタッフも、その効力についてあまり意識していなかったのですが、ある日、何となく軽い気持ちで飲んでみたんです。

そしたら、その夜、当時付き合っていたボーイフレンドに突然別れを告げていました(笑)。

ーーえっ、それはなぜ!?

ずっとモヤモヤしていたんでしょうね。その彼との付き合いを続けるかやめるか。でも、別れを切り出すのって相当なエネルギーを使うじゃないですか。なので何となく先延ばしにしていたんですよね。

いざ別れを切り出したあと、ひとりで「なぜ突然行動にでたのだろう?」って考えていると、数時間前にフラワーエッセンスを飲んだことを思い出したんですよね。そのフラワーエッセンスの種類が、確か「目的に向かう」というもので、すごく納得したのを覚えています。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

SPECIALスペシャル

TOTALすべての記事