【男のオモテウラ図鑑vo1.1】「甘え上手年下君」がキケンな理由

LOVE 2018.10.24

この連載は、現在インスタフォロワー12万人以上、自身のダメな恋愛を描いた「#イタ恋」で話題の、キャリ子こと漫画家・岡山里香さんの書き下ろし恋愛コラムです。数々の失敗や、寄せられた恋愛相談をもとに、色々なジャンルの男たちの「オモテ=A面(エエ面)」と「ウラ=B面(BAD面)」について解説していきます。こんな男たちにハマってしまった方は「教訓」「こんな女性がハマリやすい!」を必見! あなたの恋の処方箋となるはずです。

  • facebook
  • twitter

◆オモテ=A面(エエ面):「俺、同世代の子に興味ないんだよね」という甘え上手年下君

出典: gettyimages

「俺同世代の子に興味ないんだよね。尊敬できる女性が好きなんだ」ワンちゃんのような潤んだ瞳で、こう言われてしまっては、ひとたまりもありません。

こんな男性に甘えられたり、頼られたりすると母性本能が疼きます! 年下ならではのハリのあるお肌や、引き締まったお腹なども魅力で、一緒にいると自分も若返ったように感じ、お得感さえ感じます。

それにこういう男性は、仕事でも上手に人に甘えたり、交渉したりすることも得意、かつ、向上心も強いので仕事ができることが多く、かわいいだけでなく優秀なのも◎(ただし、ヒモを除く)。

私自身も、この手の年下男子ばかり好きになる期間が10年ほどありました。好きな人や彼氏が、2~3歳下は当たり前、一番年下は7つ下ということもあったっけ。

今振り返ると、「尊敬してくれる」ことで、なんだか本当の自分よりワンランクいい女になった気がしていたからだと思います。
いつも頑張っているキャリアウーマンならなおのこと、甘え上手な年下の男性に癒されることが「そんなに頑張らなくていい」という精神安定剤になってしまいますよね。

◆ウラ=B面(BAD面):年上女性から学ぶべきところを吸収したら卒業していく

出典: gettyimages

約10年の年下好き期間を経て、なぜ、私が冷めてしまったのか?

それは、この「甘え上手年下君」は、「年上女性から学ぶべきところを吸収したら卒業していく」タイプが多いということを実感したからです。

そして別れのダメージは女性の方がでかい、でかい。こちらは「これが最後の恋」という必死な気持ちにも関わらず、甘え上手年下君は「これから色んな恋愛するぞ」という気持ちで温度差にショック倍増!

考えてみたら当然です! 20代後半女性と20代前半の男性がお付き合いしたとして、前者は結婚を強く意識、後者は結婚が頭にないということが多いからで、これは悲劇以外の何物でもありません(もちろん、10歳年下の男性と結婚した友人もいるけれど……ケースとしてはレア)。

◆教訓:限りある女性の時間を食いつぶすのは大罪です

出典: gettyimages

「甘え上手年下君」からしたら、「年上女性から学ぶ期間」だとしても、私たち女性の多くは「将来を考えられる人」を求めています。

特にアラサー女性は、結婚や出産、ワークライフバランスについて改めて考えるターニングポイントを迎えており、この1秒さえも貴重な時間!

ということで、「女性の限りある時間を食いつぶすのは大罪」です。

ジェネレーションギャップより、将来を見据えた恋愛かどうかのモチベーションギャップに気をつけてくださいね!

「相手の男性が、自分とのおつきあいに何を求めているのか?」

「自分は何を求めているのか?」

「その2つにギャップがないか?」

について、深いおつきあいになる前に、把握しておきましょう!

逆に言うと、求めているものが一致さえしていれば、このタイプの年下男子とゴールインする可能性もあるでしょう。

◆まとめ:こんな女性がハマリやすい!

出典: gettyimages

自己評価が低く、年下に甘えられることで、承認欲求や自分の価値を感じたい女性。「オモテ=A面(エエ面)」でも書いたように、いつも頑張っているキャリアウーマンで、「そんなに頑張らなくていい」と言って欲しい方も要注意!

ペットを飼う感覚で、「甘え上手年下君」と付き合うと、後々痛い目に……。逆にペットを飼った方が、傷つかずに済むのではないでしょうか。

いずれにせよ、恋のシチュエーションや恋愛感情を楽しみつつ、「相手が自分に何を求めているのか」をクールに観察することが大事です。

恋する乙女を応援しています!

イラスト・文/岡山里香

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事