初心者から上級者まで。セックスの素朴な疑問解決アンサー9つ

LOVE 2018.5.30

なかなか人には聞きづらいセックスの素朴な疑問。今さら聞けない初歩的なものから、「そこ悩む?」といったマニアックなものまで。初級者から経験豊富な上級者まで、きっとスッキリする回答がこの中にあるはず!

  • facebook
  • twitter

ウソ?ホント?セックスにまつわる疑問をスッキリ解決

出典: gettyimages

「ネットの情報を鵜呑みにするのは危険です。最近はAVを真似して過激な行為に走る男性もいますが、その影響で腟内が傷ついてしまう女性も少なくありません。最悪の場合、それが性感染症を招くことも。健康を守るためにも、パートナーと話し合ってベストなセックスを探ることが大切です。また、少しでも早く異 変に気づくために、基礎体温を測って体調やバイオリズムをチェックする習慣を取り入れましょう」(産婦人科医・松村圭子さん)

with2018年7月号

なかなか人には聞けないセックスに関しての疑問。女子だってついつい深夜にネットで検索してしまいますよね……。正しい知識を持ったセックスのために、恥ずかしいけど知りたいと思っていたことを、専門家のみなさんに聞きました。

Q1 愛しているのに挿入でイケない……。私は不感症なの?

「若くてセックス経験の浅い女性の場合、腟に柔軟性がないのでペニスを挿入されると痛みしか感じないことがあります。 だから快感を得られなくても、「私ってどこかおかしいの?」 などと思う必要はありません。そもそも、 “不感症”とされる 症状は、生活習慣の乱れから引き起こされていることが少なくないのです。睡眠時間や食生活に気をつけるだけで『感じやすい体』になれることも。ベッドで『こうしなきゃ!』という思い込みを捨て、リラックスしてセックスを楽しむことも大事です」(産婦人科医・松村圭子さん)

with2018年7月号

挿入で快感を得られない女性は少なくないよう。生活習慣を見直してみたり、リラックスしてセックスを楽しもうとしたりすることが、第一歩なのですね。

Q2 セックスしすぎると、腟がゆるむのですか?

出典: gettyimages

「セックスの刺激によって腟が極端にゆるくなることはありません。ただし、運動不足や過度なダイエットなどによって、 尿道や膀胱、腟、肛門を支える『骨盤底筋群』が弱くなると腟がゆるんでしまうことも。最近は20~30代の若い女性でも骨盤底筋が弱ることで尿漏れを経験する人が増えています。一度ゆるむと戻らないわけではなく、骨盤底筋は簡単な運動で鍛えることが可能です。まずは 肛門と腟にグッと力を入れて、10秒間締めます。そして力を抜く。この動作を10回繰り返してみてください」(産婦人科医・松村圭子さん)

with2018年7月号

セックスよりも運動不足やダイエットが ゆるみの原因でした。骨盤底筋運動で膣のゆるみをリカバリーすれば、密かに悩んでいた尿漏れも解決できそう。

Q3 セックス中に 「濡れにくい」のは、体調に問題ありなの?

「セックス中に”愛液”と呼ばれる分泌液が出て性器が濡れるのは、汗をかくのと一緒です。だから、良い愛液を出すには、水分を十分に補給して、日頃から血流をスムーズに保つような 健康的な生活を送ってください。また、まだ女性ホルモンの分泌が高いはずの若い女性なのに愛液が出にくいのであれば、体の緊張が原因かもしれません。居心地の良い自分の部屋や、時間に余裕がある休日など、精神的にリラックスできる状況でセックスすることで改善できるのではないでしょうか」(産婦人科医・松村圭子さん)

with2018年7月号

濡れにくいの原因は体の緊張にあるのかも! 考えすぎると余計にカラカラに……。セックス前の水分補給で一呼吸おきましょう。

Q4  オナニーのやりすぎは体に悪いの?

  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事