恋愛の教祖・DJあおいにアラサー女子の恋のお悩み相談vol.6

DJあおいさんに質問「セックスレスの彼と結婚すべき?」

LOVE HOLICS編集部 2019.8.28

Twitterで綴った独自の恋愛観が多くの女性に刺さり、36万人以上のフォロワーをもつ謎の主婦“DJあおいさん”。新著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』(幻冬舎文庫)を発売したばかりのDJあおいさんへ、アラサー・HOLICS世代の女性のリアルなお悩みをぶつけました!

Q.同棲している彼とのセックスレスに悩んでいます。このまま結婚してもいいのでしょうか?

4年前から同棲している彼氏がいるのですが、2年以上前からセックスレスです。2人の関係は決して悪くなく、彼のことは今も大好きなので、結婚するならこの人しかいないと思うのですが、子供も欲しいので、セックスレスのまま結婚してもいいのか悩んでいます。(31歳・アパレル)

A.セックスと愛は別物。好きなら結婚して良し

付き合いが長くなればなるほど、多かれ少なかれ付き合いたての頃より頻度は減るものなんですよ。これはごく自然のことなんですけどね。

「セックスレス」っていう言葉自体が悪評であって、それを盲信している人が多いんですが、そもそもレスだからって何が悪いのかって話ですよ。

出典: gettyimages

セックスする=愛しているわけではない

女性は好きな相手でないとセックスできないことが多いので、「セックス=愛」と結びつけがちなんですが、男性からしたら必ずしもそうじゃないんです。よく言われていることですが、男という生き物は大抵どんな女性とでもセックスはできてしまうんですよ。

さらに女性はレスによって、愛されていないのではと不安になり、セックスを義務にしようとするのですが、そうすると男はさらに萎えてしまう。どんなスケベな男でも、義務化すると一気にやりたくなくなるみたいですよ。

だいたいセックスレスになるのは、真面目な男性のパターンが多いです。なぜなら、どうしてもセックスは男性主導になり、男性にとっては「相手を満足させなきゃ」っていうプレッシャーがあるわけです。真面目な男性はそれを頑張ろうとするから、時には面倒になってセックスしないときもあるんです。一方で不誠実な男性は、自分の快楽しか考えていないからセックスを積極的にしようとするんですよ。だから不誠実な相手との方がレスにならないのかもしれないですね。

セックスと愛は別物として考えた方がいいです。

「もっと知りたい」と思わせる

出典: gettyimages

好きだという感情は、「その人の知らないところに興味を惹かれる」というのが重要な部分を占めていて、「もっと知りたい」という思いが、好きだという感情に直結しているものなんです。そのなかのひとつに、身体の関係があるわけです。だからお互いのことをまだよく知らない付き合いたての頃は、頻度も多くなるんです。

だんだん付き合いが長くなるにつれ、相手のことをわかったつもりになり、「もっと知りたい」という思いがなくなってくると、次第にセックスの頻度も少なくなってくるんですよ。

セックスレスを避けるためには、相手にもっとあなたのことを知りたいと思わせることも重要なんです。日々変化するあなたに好奇心を抱くことで、今はなくても必ずまたセックスするようになります。

相手が真面目でセックスレスになっているのなら、2人の関係が安定している証拠。お互いが子供が欲しいと思っているのであれば、子作りとしてセックスする日もくるはずです。とにもかくにも、相手を好きなら結婚した方がいいですよ。

結局のところ、女性は愛を確認したい生き物なんですよね。

イラスト/大窪史乃

DJあおい

謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人、サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、フォロワー15万人を抱える。公式ブログ『DJあおいのお手をはいしゃく』は月間約600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。著書『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』(幻冬舎)のほか、はあちゅうさんとの対談を記録した電子書籍『言葉で心をつかむ。 私たちが考えていること、続けていること。』(幻冬舎plus+) も好評発売中。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード