ViViモデルズの最強モテ論で、この冬こそ好きな人にモテる♡

LOVE ViVi編集部 2017.12.20

ViViモデルは世界イチ可愛い。そして一人一人全く違った可愛さを持っている。ファニーな笑顔だったり、同性ですらもドキッとするほど色っぽかったり。くるくる変わる表情で私たちを魅了するからどんどん好きになる。そんなViViモデルの普段聞けない恋愛観を特別に公開します!

  • facebook
  • twitter

天然美女軍団ViViモデルズのモテ論♡

ViViモデルとしてはもちろん、多方面で活躍するスター級のモテ子揃いなViViモデルたち。彼女たちがモテる秘密は一体どこにあるのかさぐるべく、直撃! みんなが思う「モテ」ってどういうこと?

右から、立花恵理・河北麻友子・emma・トリンドル玲奈・古畑星夏

「モテ」についてどんな風に考えてる?

「自分が一番キレイに見える、魅力的に見えるポイントを把握している人。それでいてちょっとルーズさがあったり♡」(立花恵理)

「自分をもちながら自然体で、周囲にもファンが多い長谷川潤さんが憧れ」 (河北麻友子)

「どんな相手にも笑顔で愛嬌のある人。見た目の可愛さとかじゃなく、中身が大切」(emma)

「モテる人って恋愛上手でもある」(トリンドル玲奈)

「自分の好きな人に好かれること。そういう人になれたら最高」(古畑星夏)

右から、瑛茉ジャスミン・八木アリサ・玉城ティナ・藤井サチ・谷まりあ・miu

「モテ」ってどういうことだと思う?

「むしろモテを考えすぎないってこと。あと不特定多数の人じゃなく、一人の人にどれだけ愛されるか」(瑛茉ジャスミン)

「すべての人類に嫌われたくない。どうか嫌いにならないでください」(八木アリサ)

「自分で自分のことを好きになるのが先決。そうじゃないと、私の中にあるキラキラを見つけてもらえないもん」(玉城ティナ)

「全員にモテることは無理だし、望んでいないかも。自然体で受け入れてくれる人がいいな」(藤井サチ)

「明るくて真っ直ぐで、笑顔が重要。癒やされるしハッピーなオーラも出るし♡ だれに対してもフラットな人」(谷まりあ)

「飾らない人はやっぱり素敵。あと、料理上手は男女両モテだなって思います」(miu)

ViViモデル全員から共通して出た意見は「モテたい♡ でも一番大事なのは、 自分を失わないってことと、好きな人にモテたい。好きな人のために自分を磨くのはありだよね」ってこと。おしゃれだって媚びるんじゃなく自分の思う通りに楽しむし、ヘアもメイクも、自分に似合ってて、自分らしくて、自分が自分を好きになれて、結果、モテちゃう♡ そんな理想を叶えるのはそんなに難しいことじゃないのかもしれない。

私らしく勝負すればいい

好きな人の前では、モテを意識しすぎて、らしくないことをしてみたり。それが続かなくて後悔したり。溢れるモテ情報に惑わされず、常に自分らしく。それがViViモデル流。

いつも可愛いViViモデル。好きな人の前ではどんな感じ!? 

「いつもの自分でいるよ。好きなコスメでメイクして。無理していてもいつかはボロが出るから。着飾りすぎず自然体で、”これが麻友子です”って」(河北麻友子)

「“作られたもの”を愛してくれる人はあまりいないのかも」(藤井サチ)

でも、自然体でいるのって意外と難しい。本当の自分を人に見せる怖さも。

「私は男性にはすっぴんを見せたくないと思ってて。メイクは寝る前にこっそり落とすみたいなね。それはモテというより身だしなみ。その方が、レイナらしいから」(トリンドル玲奈)

自分らしくあること、自分が好きな自分でいることがモテにつながるみたい♡

  • page 1 of 2
  • 1

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事