人のフリ見て我がフリ直そう!夏の恋のあるある失敗エピソード♡

LOVE 2018.6.26

すっかり暑くなってきましたね。本格的な夏到来も目前です! 夏といえば恋の季節。それだけに、浮かれてしまって失敗も増えがち。素敵な夏にするためにも、みんなの失敗談を読んで、今一度気を引き締め直しましょう!

  • facebook
  • twitter

海が私を惑わせた!波打ち際の失敗談

普通の男子が妙にカッコよく見えたり、さざ波の音を聞いているとついつい盛り上がって恥ずかし〜いことをしちゃったり……。海マジックは恐ろしいものです!

「いつも、浜辺で『ビッグになりたい』と語っていた彼から『改まって話をしたいことがある』と呼び出され、『告白に違いない』と浮かれながら駆けつけてみたら、マルチ商法の勧誘だった」(36歳・会社員)

VOCE2015年9月号

わー! 冴えない男子に恋してしまった、というのはよく聞きますが、マルチ商法だったとはなかなかハードなエピソードですね(汗)。やはり「海辺で夢を語る男は信用しない」、これ基本ですね!

「いい感じで進行中だった男子と、浅瀬でイチャイチャしていたら、小学生の集団に指差されて『ドラマみたい〜!』と笑われた。しかも引率の先生が、『はーい、笑わない』と注意していて、よけい気まずかったよ〜」(26歳・甲州市)

with2015年7月号

これは笑いました! 海マジックに呑まれた二人に対して、冷静な先生が面白すぎです。これからは、一応周囲を確認してからイチャついてくださいな!

「付き合い始めたばかりの彼氏に、海デートに誘われた。私は日焼けしたくなかったんだけど、彼と海には行きたい。そこで全身日焼け止めクリームを塗るのはもちろん、肘の上まである長い手袋を着用、マスクにサングラス、日傘までさして、泳ぐ彼の姿をビーチから見ていたら……、彼に『もうお前、帰れば?』と冷たく言われました。ですよね〜」(27歳・葛飾区)

with2015年7月号

うーん、これは焼けたくない女子にとっては悩ましい問題ですよね。彼がキレるのも分かるけど、一回焼いてしまったらなかなか戻らないし……。どうしたらいいんでしょう? 皆さん、何かいい案があったら教えてください!

まだまだあるゾ!夏のトホホエピソード

海に山に花火にキャンプetc.。夏はイベントの多い季節だけに、どこで失敗するか予測がつかない! 恋が冷めたり、反対に冷められたりするきっかけは、思わぬところに転がっているものです。皆さん、気をつけて!

「好きな人と花火へ行ったものの、待ち合わせて10分後にはぐれてしまった。切なすぎてビールをたらふく飲み、アゴをしゃくりながら『ガフー』とゲップしたら目の前に彼が」(23歳・大学生)

VOCE2015年9月号

あらら、ちょっとヤサぐれるのが早すぎましたね! 花火大会は人が多いから、はぐれがちなうえにケータイもつながりにくくなるもの。ヤケ酒を飲まなくていいように、はぐれたときの対策を決めておいてください!

「付き合ったばかりの彼と釣りへ。2人でイチャつきながら追いかけっこをしていたら、足を滑らせ、私だけ水の中へ落下。車を愛している彼がドロドロの私を乗せてくれることはなく、タクシー代を握らされた」(30歳・デパート受付)

VOCE2015年9月号
  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事