男心のプロが解説。彼氏のあやしい行動……もしや浮気している?

LOVE 2019.2.2

合コン参加回数2000回。外資証券マンから独立起業し、合コンプロコーチとして幅広く活躍中のアモーレ石上氏が、恋愛中の男心をクールに分析! あなたの恋のお悩みを一挙解決します。

  • facebook
  • twitter

今回のお悩み女子:B子さん(金融会社勤務・29歳)の場合

出典: gettyimages

最近、彼氏の行動があやしいんです。ケータイをトイレに持っていったり、夜中にLINEが入っていたり……。そこで問い詰めたら、「最近、会社の後輩から仕事の相談を受けている」とのことでした。勤務時間中は表立ってやりとりできないし、業務上の内容も含まれるから私に見られたらまずい、と。

彼いわく、「(彼女が)新卒の頃から面倒見てきたから、単純に心配」とのことでした。確かに彼の言い分もわかりますが、なんだか腑に落ちない……。でもこれだけ一生懸命言い訳する=「やっぱり私が本命?」とポジティブに考えたい自分もいます。

【解説】自分が“どう解決したいか”を決めて

アモーレ分析1:彼の行動を前後で比較するとクロかシロか分かる

出典: gettyimages

B子さん、こんにちは。ご相談頂きまして、誠に有り難うございます。

なるほど、最近の彼の行動があやしいから心配になっているということですね。確かに、お寄せ頂いた内容を拝見すると、限りなくクロに近い気がします。ただ、その判定をする前に今までの彼の行動がどうであったかを検証する必要があります。

例えば、携帯電話をトイレに持ち込むという行為についてです。これは今までそんなことをすることはなかったのに、ここ最近急に携帯電話を持ってトイレに入るようになったのでしょうか。

あと、夜中にLINEの着信があるとのことですが、これも以前と比べて変化が見られるのでしょうか。これまでは夜遅くにLINEが鳴ることなどなかったのに、そうした事態が頻繁に起こる、つまり彼の行動が今までと比較して大きな変化が起こっているのであれば、非常にクロの可能性が高いです。

アモーレ分析2:なぜ彼が「会社で話をしないのか?」を読み解く

出典: gettyimages

彼は「会社の後輩から仕事の相談を受けている」と言っています。浮気の言い訳として仕事を持ち出すのは、浮気男の常套手段です。なぜなら、B子さんが彼の現同僚とか元の仕事仲間であるとか、職場の内部状況知る立場でない限り、一般的な手段では確認する術がないからです。

また、仮に会社の後輩からの相談だったとして、彼は「勤務時間中は表立ってやりとりできない」と言っています。しかし、これもよく考えてみればおかしい話です。なぜなら、仕事上の相談であれば、プライベートの時間を使ってメールやLINEでやりとりするより、勤務時間内に会社内で話し合う時間を設けた方が、より具体的なアドバイスもできるし、問題解決に要する時間も短く済むからです。

このように、B子さんのご相談内容から客観的に判断すると、彼が浮気をしている可能性はそれなりに高いように思えます。そうした状況を踏まえて、B子さんが今後事態をどのようように展開させたいのかが大事になります。

アモーレ分析3:解決方法を具体的に書き出して考えてみよう

出典: gettyimages

ここで、彼がクロであることを前提として、B子さんが取り得る選択肢をいくつか考えてみましょう。

【1】 白黒はっきりさせて、彼とは別れる
【2】 白黒はっきりさせて、浮気相手と別れさせ、交際を継続する
【3】 白黒はっきりさせないで、彼に別れを告げる
【4】 白黒はっきりさせないで、現状維持のまま、交際を継続する

主にこの4つではないでしょうか。

ここできちんと決めなければいけないのは、白黒はっきりつけること、彼との交際を継続することのどちらを優先するか順位をつけることです。それによって、B子さんが取るべき行動が大きく違ってきます。

相談内容を拝読する限り、B子さんはまだ彼に対して大きな愛情を持っているようにお見受けします。従ってB子さんが一番スッキリする選択肢は、2の「白黒はっきりさせて、浮気相手と別れさせ、交際を継続する」でしょう。

アモーレ分析4:浮気を追及することが別れに繋がることも

出典: gettyimages
  • 1/2ページ
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事