女の恋の金言集「日本人ってどうして子供っぽい声で話すの?(イケメンinシンガポール)」

LOVE HOLICS編集部 2019.9.12

たくさんの“恋愛で幸運をつかんだ女性たち”=HAPPY HOLICSたちが語る、恋愛で幸せになれる女の共通項。今回は「日本の女性の声」がテーマです。元CAでライター・イラストレーターの栗尾モカさんがリアルに体験した声のエピソードはハッとさせられることばかりです!

電話で高い声を出すのは、ちっちゃい(可愛い)と思われたいから!?

先日、NHKの「チコちゃんに叱られる!」を観ていて、「どうして日本人の女の子は電話で話すときの声が高いの?」というテーマがありました。あー! いいテーマ! と思いました。私も、声の件はずっと気になっていました。番組の結論から言うと、高い声で話す理由は「ちっちゃい(可愛らしい)と思われたいから〜(byチコちゃん)」ということでした。

思えば私も、いつもは地声で話しているのにいざ電話がかかってくると、少し高めの声を出していることに気づきました。物心ついたときから母親や姉が電話で話す“よそいきの声”を聞いて、無意識にマネをしていたのかもしれません。どうして高めの声で電話に出るのか?……なんとなく、かしこまった声というのは高めの声という謎の刷り込みがあったような気もします。低い声だと不機嫌だと思われてしまうかも、という心配もあったのかもしれません。

どうやら高い声は外国人に不評らしい

ところが、この癖は海外では不思議に見えるようです。チコちゃんの番組の途中、外国人のコメントがあったのですが、これがかなり手厳しかったのです。

「どうして日本人は高い声で話すのかな? 地声で話さないってことは、何か隠しているんじゃないか」、もっとひどい意見では「高い声で相手をわざと不快にさせているんじゃない?」なんていうコメントまでありました。地声ではなく高い声で話すのは、日本人特有の癖なのかもしれません。海外の人たちにとっては「信頼できない」という印象を持たれてしまう場合もあるようですね……。気をつけないと!

まさか!?“ツイッター”な自分を指摘され……

外資系の会社で働いていた20代の頃、そばにいた同僚男子が言いました。「君の声、小鳥がさえずっているみたいだね。なんだか歌っているみたいにも聞こえるよ」それが褒め言葉ではないことは彼の表情ですぐに分かりました。

元々私は声が低く、聞き取りづらいのか「え?」と聞き返されることが多かったので、仕事中は声をワントーン上げて一発で聞き取ってもらおうと意識していました。でも、小鳥って……(苦笑)。「あぁ、やっぱり地声を意識しなくちゃ」そう心に決めた瞬間でした。今は低い声のままで話すようにしています。

日本とイタリアの女子アナのキャラが違い過ぎる

日本で天気予報を見ていたとき、アニメから抜け出てきたような女性アナウンサーが、インカムをつけて街頭に立ち「今日は雨が降るので傘を忘れないでくだしゃい!」と言っているのを見て、義理兄(オーストラリア人)が「チョットキモチワルイね」「小学生かな」と静かにつぶやいたのを聞き逃しませんでした。確かに、同性から見ても「……!?」と思いましたが、冒頭のチコちゃんの発言「ちっちゃい(可愛い)と思われたいから〜」なのでしょうか。そして、あの雰囲気を「可愛い」と思う男性が日本にどれくらいいるものなのでしょうか?

少なくとも外国人男性からは、幼さをアピールしていると馬鹿にされてしまう傾向があるようです。どちらかというと、海外ではマチュア(成熟)していてタフで聡明な女性がリスペクトされているなと感じます。

以前、イタリアに旅行に行ったときにホテルでテレビをつけました。ニュースあり抽選会ありのバラエティ番組が映し出されたのですが、女性アナウンサーは40代ぐらい。ロートーンボイスで番組を仕切り、肝っ玉マンマ的なさばけた雰囲気です。シンプルで格好いいワンピースにバカンス帰りなのか、ダークブラウンに日焼けした筋脚とハイヒール。ロングのブロンドがキレイです。真剣な面持ちでニュースを読んだ後、彼女は番組の最後の抽選で「チンクエ! チンクエ! ウノ・クアットロ〜〜〜〜〜!!(数字)」と高らかに叫び、拍手をしながら番組が終了しました(ラテン)。

これを見て「はぁ、同じ女性のアナウンサーでもここまで違うんだなぁ」と感慨深かったです。イタリアのアナウンサーは媚びている感じがゼロで、キモチが良かったです。個人的には、バイタリティ溢れるイタリアのアナウンサーに一票! です。

ハリウッド映画のヒロインの声はみんな低い

声に注目しながら洋画を観るようにすると、主役級の女性はみんな落ち着いた低いトーンの声で話していることに気がつきます。逆に、高いトーンで話す女性というのは、コミカルな脇役だったりするのです。二の線でいきたい! なら、やっぱり魅力的なのはロートーンボイスではないでしょうか。

私は今、シンガポールで働いていますが、シンガポールでもハイトーンな声で話す女性に会ったことがありません。みんな親切で感じがいいのですが、とても自然な感じです。落ち着いたロートーンボイスで話す人ばかりに出会います。シンガポール人の男の子からは「ねえ、どうして日本人の女性って高い声で話すの? 落ち着いた声の方がゴージャスなのに」と不思議そうに言われました。

ロートーンボイスの洗練美女が集まる日本の業界は?

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード