男心のプロが解説。草食系男子と肉食系女子が紡ぐ恋の結末は?

LOVE 2018.7.1

合コン参加回数2000回。外資証券マンから独立起業し、合コンプロコーチとして幅広く活躍中のアモーレ石上氏が、恋愛中の男心をクールに分析! あなたの恋のお悩みを一挙解決します。

  • facebook
  • twitter

今回のお悩み女子:R恵さん(29歳・商社勤務)の場合

出典: gettyimages

今、気になる彼がいるんですが、その彼はとても女子力の高い、いわゆる草食系男子。毎朝ジムでランニングして、手作りスムージーを飲んで、高めの化粧水と乳液は欠かさない……みたいな生活をしています。「スイーツを食べたいし、太りたくないから」が走る理由なので、まわりからよく「女子かよ!」とからかわれていますが、そんなときでもニコニコしている穏やかな性格です。

一方、私は女友だちいわく「彼氏にしたいオンナNo.1」。自分で家具も組み立てるし、車の運転もおまかせあれだし、友だちの誕生日にはちょっといいお店でロマンティックなサプライズもしてしまう人。多くの男性より気が強いし、仕事もデキるので、友だちから「生まれ変わったら、絶対男になった方がいいよ……」と同情されながら(?)言われるほどです。

出典: gettyimages

で、その彼と何回か飲みに行ったりして仲良くなり、どこからどう見ても付き合っているような関係なんですが、どうしても“付き合う”という話にはならないんです。ほぼ毎週末どちらともなく、「何してるの?」と連絡し合い会っているので、向こうも私に興味がない訳ではなさそう……。とはいえ彼は長いこと彼女がいないらしく、彼女が欲しいのかどうかもわかりません。どうすれば彼と付き合えますか?

【解説】恋愛に消極的な草食系男子は、結婚まで持ち込める!?

アモーレ分析1 草食系男子にはグイグイアプローチしてOK

出典: gettyimages

R恵さん、こんにちは。

ご相談をお寄せいただきまして、誠に有り難うございます。

なるほど、一般的に言われる男女の特徴が、真逆なのですね。R恵さんのお相手は俗に言う“草食系男子”、R恵さんは“肉食系女子”といったところでしょうか。

さて、まずR恵さんに意識しておいていただきたいことは、草食系男子は、「人生において恋愛をさほど重視していない」ことです。実はこの性格が、肉食系女子のR恵さんにとっては極めて都合がいいのです。

恋愛を重視していないということは、裏を返せば「向こうから来てくれるのであれば、恋愛相手は誰であるか重要ではない」ということ。こうした草食系男子の特性を交際まで発展させるべく、R恵さんは彼に対してグイグイアプローチしていきましょう。

草食系男子たる彼は、「否定する」「断る」といった行為を極力避ける傾向があります。さらに彼のようなタイプは女性性が強いので、強いお酒を飲ませて酔わせたり、ボディタッチを多用したりと、男性が女性を口説くときのような戦略で、R恵さんが男性的なアプローチをしていくと効果的でしょう。極論、体の関係を先に持ってしまうのもひとつの手です。

出典: gettyimages

もしそういうことになった場合も、過度に心配する必要はありません。一般的に女性は一度男性と肉体関係を持ってしまうと、「私が選んだ男性が冴えない男ではプライドが傷つく」という強い心理が働くことから、関係構築後に相手男性に対する評価が急激に上がる傾向があります。それは女性的な彼にも当てはまるので、彼の中でR恵さんの評価が急上昇する可能性が高いのです。

アモーレ分析2 第三者の有力な証人をつくると効果的

次にR恵さんにお薦めする戦略は、構築した交際の事実について、第三者の証人を作ることです。彼と二人で飲んでいるときに、積極的にR恵さんの友人を呼んで、合流するようにします。友人に「二人は仲が良くてお似合いね」と、証人として認められる機会をできるだけ多く作りましょう。

自分軸がなく流されやすい草食系の彼のことです。「ま、今さら否定するのも面倒くさいし……」という心理になって、R恵さんからするとなし崩し的に交際状態を継続させることができます。

出典: gettyimages

友人の他に、証人としての効果が高いのは、R恵さんのご家族です。もし、R恵さんに同性のご姉妹様がいるのであれば、一役買ってもらいましょう。まずは、R恵さんと彼がどこかのレストランやカフェでランチをする機会を作っておきます。そして、食事する会場となる場所をご姉妹様にあらかじめ伝えておきます。

そのときに、約束したレストランにご姉妹様にこっそり来店してもらい、偶然を装って出会ってもらいます。そのまま流れで、ご姉妹様も食事に同席していただき、R恵さんはその場で彼氏のことを紹介し、交際の事実を話します。ご姉妹様がいない場合は、お母様など他のご家族や親戚でも差し支えありません。

誰にせよ、「血縁者」というR恵さんにとって関係が深い人物が交際の証人になる事実が重要です。先ほどもお伝えしたように、草食系男子の彼は「否定する」「断る」といった、莫大なエネルギーを費やすことが必要な行動を起こすことを好みません。

「何か付き合っている方向で話が進んでいるみたいだけど、まあしょうがないか」こう彼が考えてくれたらしめたもの。もし、R恵さんが彼との結婚まで見据えているなら、そのまま彼とのお泊り旅行や記念日デートなど、二人の交際の思い出を深める既成事実を淡々と積み上げていきましょう。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事