盗撮したのは誰!?イケメン上司との「サスペンスな不倫愛」の話

LOVE 2017.10.12

優しくて、仕事もできるイケメン上司との道ならぬ恋。ひた隠しにして交際を続けたけれど、同僚たちの戦慄の行動により、驚くべき展開を迎えます。まるでサスペンスドラマのような手に汗握るスリリングな恋愛話、あなたの身近でも起こることかもしれません。

  • facebook
  • twitter

彼は私の面接官。入社後アシスタントとして働くことに

「当時、私は26歳で、彼はその一回り上の38歳。転職活動をしていたとき、入社試験の面接官だったのが彼でした。3対1の面接だったのですが、途中から遅れてやってきた彼を一目見て、『あ、なんか素敵な人だな』と思って。俳優の椎名桔平みたいにスーツが似合っていて、渋い感じでした。『彼にまた会いたいし、受からないかな~』と思っていたら、合格の連絡がきたんです。しかも彼はマーケティング部の部長だったんですけど、そのアシスタントとして、秘書みたいな形で働くことになりました」(製造・萌・27歳)

彼は見た目が年齢よりかなり若い感じ。結婚してないといいなと思いつつも、萌さんが現実を突きつけられたのは、入社して2、3週間後に開かれた歓迎会のときでした。

「歓迎会の席で、既婚者で子どもが2人いるという話を聞き、そこで軽いショックを受けました。それでも毎日会社に行くたび、私は相変らずキュンキュンしていたんですよね。エレベーターで一緒になってキュンとしたり、話かけられてキュンとしたり。ただ、あっちは結婚しているし、私も不倫には興味もないし、私なんてどうせ眼中にもないだろうなとは思っていたんですけど」(製造・萌・27歳)

彼のほうから「好き」と。会社にバレないようにする日々

そうこうするうちに、意外にも仕事での会話とは別に、LINEでのやりとりが1日の中でかなり増えていった2人。否応なく、萌さんは彼に惹かれていってしまいます。

「入社して1ヵ月ほど経って、部内の打ち上げがあったんです。それが終わって夜中の2時頃に家に着き、彼に『今、何をしてるんですか?』っていうLINEをふと送ってみると、彼は途中から同じ部署の違うメンバーと飲みに行っていたらしく『その帰りだよ』と返事がきました。お互い酔っていたせいもあり、そのときの流れでなぜか、彼のほうから『好き』って言ってくれたんです! 私も『好きです』って素直に返しました。その数日後に私の家に彼が来ることになって、付き合い始めたという感じです」(製造・萌・27歳)

交際を始めたとはいえ、所詮は世をしのぶ仲。当然ながら、迷いや悩みが尽きなかったと言います。

「最初は私も不倫なんて、もちろんしたくないと思っていたんです。でも、ダメだ、ダメだと思いつつも、惹かれていってしまって……。どうしよう、というのが正直な気持ちでしたね。会社にバレないように細心の注意も払っていました。平日は乗る電車もバラバラにしたり、休日に会える日も誰もいなそうな遠くまで出かけて行ったり。そして2人で会うときは、大体、お互いにマスクにメガネ。かなり怪しいカップルだったと思います(笑)」(製造・萌・27歳)

彼は週に2、3回、萌さんの家に泊まりにきて、週末は家族のいる自宅に帰っていきます。一緒にいる間は幸せでしたが、いなくなると寂しくなったといいます。

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事