出典: イラスト/ごめん

別の男をチラつかせて本命彼氏をゲット♡行動経済学で恋愛力アップ

LOVE 2018.12.25

2017年ノーベル経済学賞を受賞した事でも話題となった“行動経済学”を知っていますか? 平成生まれのお金の専門家・横川楓さんが、その行動経済学を“恋”に応用! 読んですぐに実践できて、しかも効果抜群! あなたの恋が変わるちょっとした心がけをご紹介します。今回のテーマは『損失回避性』。それって一体どんな効果!?

  • facebook
  • twitter

最近話題の行動経済学。買う予定のないものを買ってしまったり、損をしているのをわかりつつもそれを認められなかったりと、つい私たちがとってしまう「不合理」な経済行動を、心理学の観点を取り入れて解き明かしていく学問です。

そんな行動経済学には、人を動かすための色々な理論があります。それを恋愛に活用したら、どうなるでしょうか!? 平成生まれのお金の専門家・横川楓さんに聞きました。

◆得られる物よりも失う恐怖の方が大きい“損失回避性”

大事な予定があり、早起きしなくちゃいけないとある休日。「早起きしたら、1日有効に使えるよ!」とメリットを伝えられるよりも、率直に「予定に遅刻するよ! 早く起きて!」と言われた方が、「早く起きなきゃ!」という気持ちになりますよね。そんなふうに、私たちは得をするよりも、損をしたくないという気持ちに大きく動かされるんです。これを損失回避性といいます。

「絶対に100万円をもらえるくじ」と「50%の確率で200万円もらえるけど、残り50%は0円のくじ」があるとしたら、多くの人が「絶対に100万円をもらえるくじ」を選ぶ傾向があります。半分の確率で、0円になってしまうというリスク(損失)があるからです。もしかしたら2倍の金額をゲットできるかもしれないのに。

ズバリ恋愛に活かすなら?

気になっている人とよくデートをしていて両思いなはずだけど、関係があやふやでもどかしい……。そんな時には、他の男の人をちらつかせて自分を失う可能性があるということを強調してみると、気になる相手もあせること間違いなし。

「告白されたけど彼氏もいないしどうしようかなぁ…、でも○○くんが付き合ってくれるなら断る!」なんて、ちょっと小悪魔なセリフを言っても、かわいいかも?

横川楓 平成生まれの経済評論家

ファイナンシャルプランナー(AFP)、経営学修士(MBA)、マイナンバー管理アドバイザーなどを取得し、平成生まれのお金の専門家/経済評論家として、「お金のことを誰よりも等身大の目線でわかりやすく」をモットーに活動中。現在お金の問題について『Cancam.jp』、『FINE BOYS』等で執筆中。一方で、アイドルと漫画が好きな普通の20代女子。最近は某探偵漫画のトリプルフェイスにはまり中。

イラスト/ごめん

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LOVE恋愛

TOTALすべての記事