インテリアスタイリスト岩佐知布由の築50年1LDK改造計画

1LDK賃貸でおしゃれに暮らすvol.14【キッチンの収納を増やそう!編】

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.11.7

狭いけど、古いけど、賃貸だけど、おしゃれに暮らしたい! インテリアスタイリスト岩佐知布由さんもその想いを胸に、築50年、1LDKの自宅を改造中! そのルポとともに、様々なインテリアTIPSをご紹介します。

引き出しの大きさより少し小さめのシナベニヤ5mmを台にして、同じ厚みの板で仕切りをボンドでつけていきました。この「ゴリラ ウッドグルー」ボンドは耐水性もあり、超強力の為、しっかりと固定されます。この時も、引き出しに何をしまいたいか、事前に決めてから仕切りの幅をつけていくことが大切です。そうする事で、スペースに無駄がなく、しまいたい物をぴったりと収められます。

カトラリーの他にも、取り皿でよく使うφ15.5cmの平皿や、お弁当用の紙皿など、様々なものをすっきりと収納できました。

箸や調理器具は、カップやシリンダーガラスにまとめてコンロ上のスペースに置いています。ここに置くことで、調理中でもさっと取り出せるので、とても便利です!

このように、収納を増やしたい場合は、カゴやボックスを使ったり、思い切ってDIYに挑戦してピッタリと合う収納を作ってことをお勧めします。今回ご紹介したように、空間の高さや奥行きを有効に使って小物を整理していくと、思った以上の量を収納できます。キッチンの収納がすっきりと整理されたことで、気持ち良く料理もできるようになりました!

岩佐知布由 インテリアスタイリスト

学生の頃からインテリアデザインを学び、会社員を経て、スタイリスト石井佳苗に師事。2018年より独立し、広告やカタログ、空間ディスプレイ等、インテリアや暮らしに関わることを中心にスタイリングを手がける。

文/岩佐知布由 撮影/近藤沙菜 構成/ミネヲ舎

  • 3/3ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード