インテリアスタイリスト岩佐知布由の築50年1LDK改造計画

1LDK賃貸でおしゃれに暮らすvol.14【キッチンの収納を増やそう!編】

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.11.7

狭いけど、古いけど、賃貸だけど、おしゃれに暮らしたい! インテリアスタイリスト岩佐知布由さんもその想いを胸に、築50年、1LDKの自宅を改造中! そのルポとともに、様々なインテリアTIPSをご紹介します。

シナベニヤの板3枚で作れる簡単な台を作りました。予め置くものと位置を決めて、採寸をしっかりした上でサイズを決めるのが大事なポイントです。岩佐家の台は、高さ25cmが丁度良いサイズでした。コの字型にする事で、下にも上にも物を置けるようにすると収納力が上がります。

ワイヤーかごを利用する

左のコンランショップで買ったものは、調味料を入れています。右のナチュラルキッチンのものには、お皿を立てて収納。ワイヤーカゴは、中身が見やすく、通気性も良いのでキッチン収納で重宝します。

木箱を利用する

高さの低い木箱は、スパイスや袋物の調味料入れにしています。細々した調味料は、ボックスでまとめるとスッキリ見えると思います。

整理後のキッチン下収納

DIYの台とワイヤーラックと木箱を使ったら、扉の中がスッキリと、気持ちよく整理されました!!

【STEP3 カトラリーを整理する】

カトラリーや調理器具などの細々したものも、工夫次第でスッキリとまとめることができます。

岩佐家の、カトラリーを収納できるスペースはこの引き出しのみ…。仕切りがないと、ごちゃごちゃしてしまいます。既製品でも引き出し整理用ボックスは売っていますが、私は限られたスペースを最大限に使いたかったので、ここもDIYで仕切りを作る事にしました。

  • 2/3ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード