水道光熱費ってどうやって減らしてる?節約上手な人の知恵15

LIFESTYLE HOLICS編集部 2018.6.6

生活する上で避けて通れない出費が水道光熱費。特に一人暮らしの人にとっては、悩ましいお金ですよね。ではみんなはどうやって節約をしているのでしょうか? 今回は20代女子に人気雑誌『with』の読者に聞いた、上手な節約ワザを紹介します!

電気代を減らすためにマネしたい!オリジナルアイデア

家で一人でいるときは、誰の目にも触れないので工夫できるチャンスがたくさんあります。

12 「寒くてもすぐに暖房に頼らず、とにかくたくさん着込む!」(26歳・メーカー)

13 「出かける時は、電気のブレーカーを毎回落として、電気代を節約」(25歳・教育)

14 「冷暖房のフィルターをこまめに掃除。短時間で効きが良くなって、電気代の節約になっている」(27歳・IT関連)

15 「電気代はアプリでこまめにチェック。一定額を超えたら通知が来るよう設定して日々確認。今後の使い方を見直している」(25歳・旅行)

水道光熱費の節約について、プロからのアドバイス!

水道光熱費の節約について、お金のプロからさらにアドバイスをいただきました。

「電気代を節約するときに、忘れがちなのが家電の燃費です。古い家電を使っていると燃費が悪く、ムダな電気代がかかっている可能性もあります。最近は節電タイプの家電が登場しているので、新しい家電にするのも手。初期投資はかかりますが、電気代が減って長い目でオトクになることもあります。

また、エアコンは電気をたくさん使うので、電気をあまり使わないサーキュレーターを使うのもおすすめ。空気をうまく循環させるもので、3000円程度で購入できます。エアコンを使わなくても快適に過ごせる時間が増えるでしょう」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん)

大坪美樹さん ファイナンシャルプランナー

ブロードマインド株式会社所属。年間約200世帯以上のお客様のお金にまつわるご相談を担当していた経験を活かし、「お金の知識をわかりやすく!」をモットーに活動中。Sodanでもコラム執筆中。

毎月引かれるお金だから、月1000円でも減らしてみよう!

水道代も電気代もガス代も、毎月引かれていくお金。月1000円でも減らすことができれば、年間で1万円以上の節約になります。節約女子たちのワザ、ぜひトライしてみてください!

  • 2/2ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード

この記事のキーワード