出会いの季節に向けて♡今からでも遅くない冬太り対策&解消法

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.1.21

毎年冬になると、いつの間にか太ってしまう......という人も多いのでは? 冬太りは、体の冷えや寝不足、ストレス、運動不足などが主な原因です。太るのは簡単だけど、痩せるのは難しいのが実情。そこで今回は、冬太りの対策と改善法を伝授! 寒い冬が過ぎると、次は出会いの季節、春♡ こんなはずじゃなかった(涙)となる前に生活習慣を見直して、スリムな体をキープしましょう。

「40〜42℃のお湯で、体に無理のない範囲で10~20分を目安に全身浴をしましょう。細胞を保護するヒートショックプロテインというたんぱく質が増え、免疫力が上がり、冷えも改善していきます」(ボディメイクトレーナー 佐久間健一さん)

with2018年1月号

太る原因3:寒くてついつい……猫背になる!

出典: /

普段は猫背でない人も、冬には寒さで背中が丸まってしまいがち。猫背を放っておくのも、冬太りの原因です。猫背になると歩幅が狭くなって筋肉を使う量が減ったり、骨盤の後傾によって内臓の働きが低下したりしてしまいます。熱の60%は筋肉、20%は内臓が生み出していて、猫背になると両方の熱産生が低下し冷えが加速する原因に。代謝も落ちて太りやすくなるので、意識して姿勢を正すことが“痩せ活”の基本です。

対策1:歩くときに腕を大きく後ろに振る

「歩くときは腕を後ろに大きく振ることを意識して。自然と背中が伸びて、背中の筋肉をたくさん使って、歩けるようになります」(ボディメイクトレーナー 佐久間健一さん)

with2018年1月号

猫背の人は、歩くときに腕をあまり大きく振れません。そこで、腕を後ろに大きく振ることを意識してみましょう。自然と背中が伸びて、猫背を正すことができます。

対策2:マフラーに顎をうずめない

「マフラーに顎をうずめると肩が内に入り、背中が丸まります。マフラーはしっかり首に巻いて、顎はまっすぐ正面に向けましょう」(ボディメイクトレーナー 佐久間健一さん)

with2018年1月号

対策3:体を後ろにねじる

猫背の人は、意識しないとすぐに猫背に戻ってしまいます。体を後ろにねじる体操を生活習慣に取り入れましょう。イスに座り腰をひねって10秒キープ、反対側も同様にねじります。

出典:

「猫背の人は背中や肩の筋肉がかたまっていて、意識していないとすぐに猫背に戻ります。仕事の合間などに、ときどき体をひねる体操をして、かたまった背中の筋肉をほぐしましょう」(ボディメイクトレーナー 佐久間健一さん)

with2018年1月号

太る原因4:仕事や人間関係でストレスが増える!

出典:
  • 3/6ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード