“D&D”で春の模様替え♡学校机で作った写真フレームが素敵!

LIFESTYLE HOLICS編集部 2018.4.2

『D&DEPARTMENT PROJECT(ディアンドデパートメントプロジェクト)』から、春のお部屋の模様替えにおすすめのアイテムが登場! 使われなくなった学校机を再利用した、オシャレなフォトフレームなんです。さあ、あなたの家にはどれを飾る?

センスのある部屋には、オシャレなリメイク小物が似合う!

春になるとお部屋のインテリアを一新したくなりますよね。そこで今回オススメしたいのが、ピカピカの新品アイテムではなく、あえて“懐かしさや温かみ”のある、“学校机”を再利用したリメイクアイテムです。最近流行している男前インテリアにも、大人なインテリアにもぴったり馴染むうえ、簡単に取りつけられる「re-school PHOTO FRAME』を要チェック!

落書きも傷もそのまま!リアルな学校の机から作っています

出典: D&DEPARTMENT PROJECT 小学校で長年使われていた机の天板
出典: D&DEPARTMENT PROJECT 懐かしい子供たちの落書きも!

お部屋のアクセントになる額やフォトフレームは、あえてレトロなものを選ぶのが今っぽいインテリアを作る秘訣。こちらは、実際に小学校で使われていた机の天板を再利用したもので、傷や落書きも、色あいもひとつずつすべて違うんです。つまり、世界にひとつだけのオンリーワンのフォトフレームというわけ!

形や色は違うのに、不思議と統一感のあるフレームたち

出典: D&DEPARTMENT PROJECT re-school PHOTO FRAME / MIRROR 

サイズも色も全部違うため、あえていくつかランダムに組み合わせて飾ってみて! 壁がモダンに生まれ変わるはず。一枚ずつ、色合いや傷(子供たちによる思い出の傷!)がつまっている味のある“作品”。小さな傷や落書きを発見するたび、なんだか懐かしい気持ちになれるんです。

このプロジェクトを担当したのは、ナガオカケンメイ氏!

出典: D&DEPARTMENT PROJECT ナガオカケンメイ氏

学校机のフォトフレームが生まれたきっかけは2つ。ひとつは、以前から廃校になった学校の机や椅子を引き取っていたこと。もうひとつは、「60VISION」プロジェクトに参加したHOUTOKU社の主力商品が学校机と椅子で、使い古された机の天板の処分に困っていると聞いたことです。それで、再利用の方法として考えたのがフォトフレームでした。最初は手作りだったんですが、すごく丈夫な積層材だから、くり抜くのが大変で、一度はお蔵入りになりました。でも、うまく加工できる職人に出会って製品化できました。お気に入りの商品です。

D&DEPARTMENT PROJECT
出典: D&DEPARTMENT PROJECT

1 1/1サイズ¥10800(A3用紙が入るサイズ)
2 1/2サイズ¥7560(雑誌ほどの大きさ)
3 1/3サイズ¥5400(コンパクトサイズ)
4 1/4サイズ¥4320(A5用紙が入るサイズ)
5 1/6サイズ¥3240(CDほどの大きさ)
6 1/8サイズ¥2700(ハガキやL版写真サイズ)

価格は全て税込です。


  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード