インテリアスタイリスト岩佐知布由の築50年1LDK改造計画

1LDK賃貸でおしゃれに暮らすvol.13【ダイニングの模様替え編】

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.10.31

狭いけど、古いけど、賃貸だけど、おしゃれに暮らしたい! インテリアスタイリスト岩佐知布由さんもその想いを胸に、築50年、1LDKの自宅を改造中! そのルポとともに、様々なインテリアTIPSをご紹介します。

アイテムチェンジで気分を変えよう

インテリアスタイリストの岩佐知布由です。前回リビングの模様替えをしましたが、今回はダイニング。暮らし始めのときから少しずつ変わってきた、今の気分のダイニングをご紹介します。

今までのダイニング

引っ越しを機に、ダイニングテーブルはCHLOROS(クロロス)で幅120cmの新品を購入しました。
チェアは、前の家でも使っていたヴィンテージのものをそれぞれ置き、スツールを1つ合わせて配置。そして、壁付けのウォールライトを付けたくてDIYで柱をつくって設置していました。季節が変わり、この部屋の景色が見慣れてきたころ、ダイニングをもう少し整えてみることにしました!


【STEP1 照明を変える】

ウォールライトも好きでしたが、ダイニングにペンダントライトが下がっている景色はやっぱりいいなぁ…と思い、山田照明のヴィンテージライトに変えてみました。シンプルでモダンなシェードのデザインと、主張が強すぎない白いカラーが気に入っています。ペンダントライトを設置することで、テーブル上に光が集中するため、食卓が良い雰囲気になり、料理も美味しく見えるという効果があります。

ダイニング上にペンダントライトを吊り下げる高さの目安は、テーブル上から70〜80cmくらいにライトの下端がくるように設定するのがおすすめです。ライトのデザインや大きさによって、高さのバランスをみるといいと思います。岩佐家は70cmに設定しました。

【STEP2 椅子を変える】

今までの椅子たち

ダイニングの椅子のデザインがバラバラだと、カジュアルで楽しい雰囲気になります。この組み合わせも好きですが、今回は気分を変えて、椅子2脚のデザインを揃えてみることにしました!

椅子2脚を揃える

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード