1年で100万円貯める女子の“欲しい服はガマンしない”家計簿

LIFESTYLE 2017.6.28

お金はしっかり貯めたいけれど、おしゃれにも手を抜きたくない。年収およそ300万円の中から、キレイを叶えることにはお金を使いつつ、1年間で100万円貯めている女子に、そのコツをこっそり教えてもらいました!

  • facebook
  • twitter

欲しい洋服をガマンしないで貯金が増える、そのコツとは?

出典:

お金をしっかり貯めたい! と思って、大好きな洋服をガマンしていませんか? 意外なことに、大好きな洋服を買うのをあきらめることなく、年収300万円弱ながら、年間100万円貯めた女子がいるんです。節約するところは節約し、必要なものにはしっかり使う「お金の貯まる」習慣を身につけた女子に、その貯金テクを教えてもらいましょう!

本当に気に入った服なら、多少高くても買っちゃいます!

佐藤葵さん(仮名) 25歳・サービス・実家暮らし

月収(手取り) 約20万円
ボーナス(年間・手取り) 約50万円

ひと月の貯蓄額 5万円
ボーナス月の加算額 20万円
1年間の貯蓄額 100万円
現在の総貯蓄額 約300万円

●ひと月の支出の内訳

家に入れるお金 3万5000円
水道・光熱費 0円
携帯電話・ネット代 9000円
食費(食材費・お菓子・飲料など) 5000円
外食費(平日のランチ・一人でカフェなど) 7000円
交際費(友達とカフェ・飲み会など) 2万円
日用品代 5000円
医療費 8000円(コンタクトレンズ代ほか)
服飾費 3万円
美容費(コスメ・ヘアサロンなど) 1万5000円
趣味・娯楽費 7000円
交通費 5000円
習い事など 3500円(スポーツジム)
貯蓄 5万円

合計 20万円

仕事が広報なので、身だしなみには気を使うし、大好きな服と美容にはお金をかけたいという、社会人3年目の佐藤さん。

将来に備えて月5万円は貯蓄したいので、余ったお金でやりくりすると、服は月3万円。美容は1万5000円くらいを目安にしています。

with2017年5月号

本当に欲しい服だけを、必ず試着して買うというのがマイルール。おしゃれなままで毎月しっかり貯蓄を続けるコツです。

雑誌などで一目惚れした服だと「買いたい!」という気持ちが強いのですが、着心地が悪かったり、似合わなかったりすることもあるので、絶対に試着。似合う服なら少し高くても買います。逆に安い服を見つけても、本当に欲しいもの以外は買いません。もちろんユニクロやGUも取り入れますが、着る頻度の高いアウターはちょっと奮発するなど、メリハリも意識しています。

with2017年5月号
出典: お気に入りのアニエス ベーのコート
出典: 自分へのごほうびに買ったグッチの財布
出典: 結婚式用に高見えドレスを格安で

友人の結婚式用に買ったドレスは、インターネットで探してなんと3500円! どうしても必要な出費は避けられないけれど、その目的に合わせた適正な金額で収めるのがコツ。

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事