穴場のお花見スポットは○○!?ただじゃ済まないお花見事件簿♡

LIFESTYLE 2018.3.26

ついにお花見の季節がやってきましたね! 彼氏や友だち、会社の人とお花見を楽しむ人も多いと思いますが、“屋外”“場所取り”“お酒を飲んでどんちゃん騒ぎ”という3つのキーワードは事件が起きる空気がムンムン……。今回は読者の方々に起きた、桜を見る本来の目的を忘れそうになるアンビリーバボーな事件をご紹介します!

  • facebook
  • twitter

キュンキュンするお花見デートも普通には終わりません!

出典:

「『誰もいない穴場お花見スポットだから』と、彼がドヤ顔で連れて行ってくれたのは……、真夜中の巨大霊園! 車を降り、桜を見ながら散歩……。でも真っ暗だし、怖いし、寒いし、眠いし、四重苦。もうちょっと違うお花見スポットはなかったの!?」(27歳・医療)

with2015年5月号

真夜中の霊園なんて、そりゃあ誰もいないでしょう! でも実は目に見えていないだけで、たくさんの人がお花見を楽しんでいたりして……怖っ!!!

出典:

「彼と初めてのお花見デート。頑張ってお弁当を作って持って行ったところまでは良かったけど、お箸を持参するのを忘れ……。桜の枝を折ると逮捕されると聞いたことがあったので、しょうがなく落ちていた小枝を拾って、拭き拭きしてお箸代わりにして食べるという……。ある意味、風流な思い出です(笑)」(26歳・不動産業)

with2015年5月号

このときに笑顔で食べてくれるのか、嫌な顔をするのかで彼の器の大きさがわかりそう! 

お花見の重要ミッション“場所取り”!その場でも事件が!?

出典:

「新人時代、お花見の場所取りでブルーシートを敷いたものの、後から行くと似たようなシートがいっぱい並んでいて、違うグループのところに座ってしまった。しかもそれが、ちょっとコワい系グループのシートだった! 『何座ってんだ、コラア!』とすごまれ、どうしよー!!と真っ青になっていたら、O先輩がいきなり『あれ、同級生のK君じゃないか?』と。するとそのコワい人は一気にトーンダウンし、『O君か! 一緒にどうぞどうぞ』となぜか合同でお花見をすることに。結果的にものすごく助かったけど、O先輩って何者……!?」(24歳・販売)

with2015年5月号

O先輩、今はそんなふうに見えなくても、“元ヤン”だったのかも知れません。そういう人、普段は優しかったりするんですよね。

「お花見スポットとして人気の公園へ。でも出遅れたため、桜の木の下は当然満席。仕方なく、空いていた松の木の下で宴会。……というのを私、3年連続でやっております。全然お花見じゃないし!(笑)」(28歳・教育)

with2015年5月号

うん、それ、“お花見”じゃなくて、“お松見”ですね。楽しければ良し! でももうそろそろ学んで、初動を早くしましょうか!?

お花見に美味しい食事はマスト♡でもそんなときに事件が……

出典:
  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事