TOKYO「壁」コレクションvol.3錦鯉と戯れチャイナ

LIFESTYLE HOLICSオリジナル 2017.8.23

ふとインスタを見ていると、「何この素敵な場所! どこにあるの?」と思うことはありませんか? そこで、モデル・タレントとして、幅広い分野で活躍中の斉藤アリスさんが、このたびHOLICS専属“壁コレクター”として、東京のさまざまなインスタ映えスポットを収集していきます。いざ、奥深き壁の旅へ!

  • facebook
  • twitter

みなさん、こんにちは! 世界のカフェを巡るモデルの斉藤アリスです。私は無類のカフェ好きで、これまでに世界10カ国100軒以上のカフェを訪れてレポートを書いてきました。そして、この春には書籍「斉藤アリスのときめきカフェ巡り」を出版。素敵なカフェがあると聞けば西へ東へどこへでも駆けていきます。この連載では、そんな私が国内外の旅の途中で見つけたフォトジェニックな壁たちをご紹介! 第3回目の壁はこちら。

さて、どこの壁でしょ〜か?
鮮やかなスカイブルーのブロック塀。その中を優雅に泳ぎ回るのは……2匹の錦鯉! これ以上、夏にぴったりの壁ってある? いいえ、ありません。情緒あふれるニッポンの夏を見事に描いたこの作品、一体どこにあるのかしら?

正解は、台東区入谷にある民家の壁!(笑)
複数の目撃情報からこの壁が、「どうやら入谷にあるらしい」ということを割り出したアリス調査員。1番地から順番に町内をうろうろ……。すると遠くのほうにビビットなブルーのブロック塀を目視!! 自分でも見つけられるか半信半疑だったから、発見したときの喜びったら、もう(涙)

錦鯉は全部で7匹。白と赤のベーシックな「紅白」が3匹、そこに黒がプラスされた「大正三色」が1匹、そして品評会でも高得点を叩き出すという幻の「山吹黄金」がなんと3匹も!! 2匹で楽しげに戯れる者もあれば、一人優雅に泳ぐ者も。思えばこんなにじっくり鯉を観察したことってなかったかも? なんだか本物よりもリアルな感じ!

水面に描かれたまぁるい波紋……鯉が元気よく跳ねた様子が目に浮かびますな。見ているだけで涼しくなってくる〜、そんな気さえしちゃう。ここは大きな通りには面しておらず、まわりは民家オンリー。そんな静けさだってこの壁にはぴったりのロケーションだわ!

この日、この壁に合わせて着た壁ファッションは「Lily Brown」のロングワンピース。スカイブルーの壁に負けないくらい生き生きとした真っ赤なドレスです。チャイナドレスっぽさもあって、このオリエンタルな壁にぴったりでしょ? ドレスアップして金魚たちと戯れたら、気分はすっかりチャイニーズビューティー♡

そして最後に悲報です。撮影した数日後にこの場所を訪ねると、なんと更地でした。この壁はもう存在していません。残念、無念。幻となったこの壁の存在を、いまいちどここに称えましょう。謝謝。
今週はここまで。

「アリスちゃん、ここに素敵な壁みつけたよ〜!」というそこのあなた。国内外は問いません!「#カベコレ」、「#HOLICS」でインスタ投稿してみてね。私がフォトジェニックハントしに行っちゃうかも!?

来週もドキドキワクワク、素敵なカベ、教えてあーげる♡

斉藤アリス モデル・ライター

ロンドン生まれ、愛知県育ち。オーストリア人の父と日本人の母を持つ。明治大学農学部を卒業後、ロンドンの美術大学院にてジャーナリズムを専攻し修士号を取得。現在モデルとして活動しながら、ライターとして「Hanako」、「i-VoCE」などで執筆活動も。また、世界のカフェを巡るカフェマニアで「食べロググルメ著名人」としても活躍中。著書に世界10カ国107軒を訪れてまとめた書籍『斉藤アリスのときめきカフェ巡り』。

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事