日本のお祭り好き集合♡女子旅におすすめの京都『烏相撲』祭り

LIFESTYLE 2018.9.6

1年を通して、お祭りの多い日本。今回は、京都の上賀茂神社で毎年9月9日に行われる、ちょっとマニアックなお祭り『烏相撲』をご紹介。歴史のある京都の違った一面を知ることができる、ツウな大人女子旅なんていかがでしょうか。

  • facebook
  • twitter

古代のパワーを体感できる、京都・上賀茂神社の『烏相撲』

日本各地の奇祭伝説に詳しいライター・白石あづささんもイチオシ! ちょっとマニアックなお祭りが京都にあるそう。その名も『烏相撲』。八咫烏(ヤタガラス)にゆかりのある京都市北区の上賀茂神社で、毎年9月9日に行われるのだとか。知る人ぞ知る、そのお祭りの内容とは?

白石あづさ フリーライター

3年間の世界一周旅行後、フリーライターに。著書に『世界のへんなおじさん』(小学館)のほか、新刊に世界の動物の肉を食べた『世界のへんな肉』(新潮社)がある。

出典:

神様が降りた山を模したとされる「立砂」と呼ばれる円錐形の砂山が東西に一対あります。後ろには土俵が作られています。

無病息災を祈る重陽の節句に合わせた「菊の被綿」の神事や、境内細殿前で弓矢を手にした二人の刀弥が烏の鳴きまねをし、氏子の子供が東西に分かれて相撲をとる「烏相撲」が奉納される。(フリーライター 白石あづささん)

おとなの週末2017年12月号

相撲の前に白いカラス(刀弥)が登場! 立砂まで9回、横跳びして鳴く。東西で「カー!」「コー!」と鳴き方が違うのもおもしろい。白いカラスおじさん、3回飛んで3回泣く。(フリーライター 白石あづささん)

おとなの週末2017年12月号

どちらかというと嫌われ者のカラスですが、実は頭も良くプライドも高いとか。日本古来より、知の象徴として尊敬されてきた歴史があるのです。

出典:

朝、お清めを終えた少年力士が立砂を3回ぐるぐるとまわる。ここでちょっと気になる「3」尽くしの行動。確かにお祭りが行われる日は、3×3の9月9日。その理由とは?

「中国で奇数は縁起のよい“陽”の数字。特に9は奇数が重なる一番大きな数字でめでたい」のだそうだ。(フリーライター・白石あづささん)

おとなの週末2017年12月号
出典:

気合の入った真剣勝負の少年力士たちの取組に、観客席からは惜しみない声援と温かい拍手が!

出典:

プロさながらの神主さんによる相撲の実況中継が、澄んだ秋空に心地良く響き渡る。観客も大盛り上がり!

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事