人生の機微が凝縮!『夜廻り猫』深谷かほるさんが語る漫画と仕事

LIFESTYLE おとなスタイル編集部 2017.8.23

「泣く子はいねが~」涙の匂いを嗅ぎつけて、心で泣くヒトのもとを訪れる主人公の猫、遠藤平蔵の言葉がささりまくる! 漫画『夜廻り猫』は、わずか8コマで展開される物語に多くの共感がよせられ、性別世代を問わず大人気! この『夜廻り猫』の奥深さはどこからくるのか? 代表作『カンナさーん!』もドラマ化され、なにかと話題の漫画家・深谷かほるさんに、漫画や仕事、そして『夜廻り猫』について語ってもらいました。

  • facebook
  • twitter

“好き”=楽しい・ラクじゃない。“好き”を仕事にするには力が必要

もともと「漫画は好きだったけれど、漫画家になれると思ってはいなかった」と話す深谷さん。「漫画家」といえば“好き”を仕事にする職業というイメージですが、“好き”だから楽しくラクにできる、ということはないそう。

「才能や実力があれば“好き”を仕事にできるけど、私の場合はそうじゃなかった。好きだから苦にならない、好きだから上手く出来るというのは、力があってこそ。私は描きたいと思っても力がないので、描くことを好きでいるのも難しいんです。だから今でも、好きだったんだっけ? 苦しいだけなんだけど? そう自問自答する時間も長いんですよ」

単行本でも使用された絵の原画

想像以上の大きさにびっくり。これほどの大作が描けるのも、やっぱり“好き”だからこそ!?

誰にでもわかる身近なことを題材に。お気に入りの作品は「第40話」

擬人化された猫の遠藤が、涙するヒトに寄り添い見守り、励まし、ときにはにっこり。『夜廻り猫』は、身近にあるリアルな出来事を背景に展開されます。この心の距離感の近さが人気の秘訣。

「今まで、取材して壮大な物語を書くということができた試しがないんです。描けることだけ描いてます(笑)。身近な、誰にでもわかることを題材にし、なるべく多くの人に普遍的に何かを感じてもらえるものを描きたいと思っています」

そう語る深谷さんのお気に入りが「第40話」。なんの反応も貰えないかもしれないけれど、描きたいから描いてみよう! と冒険したそう。抽象的な話なのに、自分が思う以上に深く理解してもらうなど、大反響でした。

画像はWEBコミックモアイで配信中の40話

毎話のエピソードは、深谷さん自身が今までの人生で感じたことや、友人知人の話なども取り入れ描いているそう。そのリアルさに「わかる-(涙)」がいっぱい。共感しまくりです。

しくじり(?)の連続の末、驚きの漫画家宣言!

美大でデザイン科に通っていたものの、当時華やかだった“漫研”に入ることもなく、就職するときになって「私はデザイナーに向いていない、だから彫刻家になろうと思います」と、両親に宣言した深谷さん。

「両親は唖然。アルバイトをしながら彫刻を一からはじめてみたけれど、自分にはとても無理と気づき、一年で挫折しました」

宣言した手前もあり、この不甲斐なさと申し訳なさを両親になんと申し開きするべきか……。悩んだ末、深谷さんは両親に宛て手紙を書きます。

「何か書かなきゃとは思うんだけど、どうせ何を書いても嘘になる。『これからは頑張ります』なんて言い飽きた。ごめん、本当にごめんなさいって……。結局文章にできず、生まれて初めて二頭身の漫画っぽいものを、うっかり書いて送ってしまいました(笑)」

そしてこのとき「彫刻家は諦めますが、漫画家を目指します!」と所信表明。漫画家への道を歩み始めます。

仕事外でもモノづくりが好きな深谷さんの作品

さすが美大出身、とスタッフが唸るものばかり。こちらの素材はなんとamazonの段ボール(笑)に、若い頃つけていたアクセサリーだそう。

ゆるさの原点?実は気が散っていた(笑)漫画家修業時代

それからは、漫画家の修行をしながら、バイト生活を送る日々。

「漫画の仕事は月に一枚程度。でも、アルバイトで暮らせないこともない、そんな世の中の楽天的な空気もあって、そろそろきちんとしなきゃとは考えられませんでした」とはいえ、当時の収入はアルバイト代を含めて月10万円くらい。住まいは風呂なしの4畳半。「いつか15万くらい稼いで風呂つきの部屋に住みたいという、ハードルの低い目標がありました(笑)」

その目標を糧に漫画家修行に邁進! かと思いきや、現実は全く違うものだったよう。

「バイトしながら修行って難しいんですよ、気が散っちゃって。恋愛もしたいじゃないですか。今思えば、実は何にも身が入っていませんでした」

頑張ってるけど、ダメな自分も受け入れてもらえそう……。『夜廻り猫』のそんなちょっとゆるいテンションと懐の深さは、深谷さんのこのおおらかさゆえ、なのかもしれません。

『夜廻り猫』の仲間たち
  • page 1 of 2
  • 1

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事