炭水化物を抜くだけじゃない!?正しい「糖質オフ」成功のカギ7

LIFESTYLE 2017.8.8

肌を出す季節に気になるボディライン、今年はもう間に合わないと諦めていませんか? 「最近のホットワードである“糖質オフ”は気になる。でも具体的に何がダメでどうしたらいいの?」。そんなあなたに、すぐに実践できる成功へのカギを授けましょう。料理研究家やフィットネストレーナーなど、プロからのアドバイスもあるので、参考になりますよ!

  • facebook
  • twitter

簡単、しかも効果が出るのが早いと評判の糖質オフ

出典:

体脂肪が増える最大の原因は、カロリーではなく糖質の摂り過ぎ。糖質を摂ると血糖値が急上昇してインスリンが分泌され、糖質が脂肪として蓄えられるからです。なのでカロリーが高いものより糖質が多いものを控えるべき。高カロリーでも糖質が少ない肉やチーズなどのほうがごはんよりもヤセるのです。(料理研究家・編集者 柳澤英子さん)

VOCE2017年6月号

数多あるダイエット法の中でも、ここ最近は「糖質オフダイエット」(=炭水化物抜きダイエット)が圧倒的人気です。その理由は、簡単でしかも効果が早く出やすいため。糖質オフダイエットは、面倒なカロリー計算は一切不要! 基本的には、お米、パン、麺類、パスタ、スイーツなどの糖質が多く含まれる食べ物を減らすだけという、非常にシンプルな方法です。今までのダイエットはカロリーをいかに抑えるかが重要視されてきましたが、体脂肪が増える最大の要因はカロリーが高いかどうかではなく糖質の摂取量だった!? 今回は、今すぐ実践できる“糖質オフ”成功のカギ7つをご紹介します。

成功のカギ1 糖質を“抑える”ってどのぐらい?

出典:

糖質は1食20gまでを目安に。糖質20gは、白米の場合80gの量を食べられます。女性用のお茶碗ならご飯一膳は約150gなので、80gならお茶碗半分ちょっとの量です。糖質オフといっても、完全に断つなど極端な方法に出るとリバウンド必至!! オフというよりは“低糖質”を心がけて。

成功のカギ2 野菜に潜む糖質に注意!

出典:

野菜は全般的に穀類に比べ糖質量が多くはありませんが、根菜類やかぼちゃなどは糖質量が多いので食べる量には注意が必要です。主食の糖質を減らしても、高糖質な野菜を食べていては努力も水の泡になってしまいます。以下の野菜を食べるなら、決してモリモリ食べることのないよう箸休め程度にしておくべき。

【糖質量の多い野菜】
さつま芋・じゃが芋、山芋など芋類/ゆりね/かぼちゃ/とうもろこし/れんこん/ごぼう/にんじん

成功のカギ3 フルーツは食べてもいいの?

出典:

フルーツに含まれる果糖は血糖値は上げにくいのですが、体への吸収が早く、中性脂肪として蓄積されやすい。ヤセたいときに積極的に摂る必要はありません。(フィットネストレーナー 森拓郎さん)

VOCE2017年6月号

フルーツに含まれる糖質は、血糖値を上げない「果糖」が主体です。かといって太りにくいわけでもなく、果糖をとりすぎると中性脂肪の蓄積を招いてしまいます。もしフルーツを食べたければ、体に吸収されやすい昼や夜よりも、「浄化」「排泄」の時間帯である朝のほうがベター。

成功のカギ4 タンパク質と脂質は控えなくてOK

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事