二子玉川「KOHORO」のハイセンスな器で始める丁寧な暮らし

LIFESTYLE 2017.12.8

慌ただしく過ぎていく毎日の中、できることならしたい「丁寧な暮らし」。そんな理想のライフスタイルに欠かせないものといえば、やっぱり“お気に入りの器”ですよね。ものを大切に扱う心が丁寧な暮らしを作るんです。今回は、そんな毎日を豊かにしてくれる素敵なお店「KOHORO(コホロ)」をご紹介。ここへ行けば、いつもの“おうちごはん”の時間が、今までになく特別なものになるはずです。

  • facebook
  • twitter

「KOHORO(コホロ)」ってどんなお店?

出典:

センスのいい器に巡り合えると人気の雑貨屋「KOHORO(コホロ)」。ーカタン、コトンー ものがぶつかって鳴る音なのか、何か分からないあいまいな“音”をイメージして名付たというこのお店は、二子玉川駅前、玉川高島屋S・Cの裏手にある「柳小路」と呼ばれる通りにあります。取り扱っているのは、日本各地の手仕事を中心に、現代作家や民藝の器を中心に、長く使うほどに味わい深くなる生活雑貨。一体どんなお店なのか、のぞいてみたいと思います。

食卓に料理を並べる際、さっと手に取りやすいものを中心にセレクト

“普段使いできるもの”を基準に、現代作家のものから昔ながらの民芸品まで、長く大切に使いたいと思う器や雑貨を扱うKOHORO(コホロ)。

食卓に料理を並べる際、さっと手に取りやすいものを中心にセレクトしているという器は、作家の息遣いの感じられる和テイストのものががほとんど。「和食器には、ルールにとらわれず、自由に選び組み合わせる楽しみがあります。異なるテイストの器を組み合わせたとき、しっくりくるかどうか、取り入れやすいかどうかを大切にしています」

作家・角田淳さんのシェードランプ¥27000

壁色にムラがあったり、壁にかかっている板が少したわんでいたりと、手仕事の跡から温もりが伝わる店内。商品の並べ方も、テーブルまわりをイメージしやすいようにディスプレイされているので、意外な器の組み合わせなど、日々の暮らしのアイデアがたくさんつまってます。

編集Oが見つけた!超私的おすすめアイテムをご紹介

現代作家や民藝の器をはじめ、作り手の想いが伝わる生活雑貨に囲まれた店内は、見渡す限り「欲しい!」の連続。しかも、今ココでしか手に入らない一点ものばかり......。そんな中で、編集Oの目にとまった素敵アイテムをピックアップ。仕事を忘れて本気で選んだおすすめをご紹介します!

主張しすぎないデザインに奥ゆかしさを感じます!三浦ナオコさんの白磁皿

上・¥2484、右・¥3780、左・¥3024
  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事