《オーラルケア》正しい歯磨きと知識で歯の黄ばみ、口臭を撃退!

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.11.28

お口にまつわる悩みで多いのが、歯の黄ばみ、口臭、歯茎の色……。お口の悩みを解決したいなら、毎日のセルフケアを見直すのがポイントです。だけど、デリケートな問題だけに、面と向かって人に聞きづらいのが実情……。そこで今回は、歯ブラシの使い方や歯磨きのやり方から、話題の歯専用のホームケアコスメまで、お口にまつわるお悩み解消術をご紹介します。

口臭や歯の黄ばみ……口元の悩みはセルフケアで解決しよう♡

歯の黄ばみ、口臭、歯茎の色などお口の悩みを解決したいなら、毎日のセルフケアを見直すのがポイントです。だけど、デリケートな問題だけに、面と向かって人に聞きづらいのが実情……。そこで今回は、歯ブラシの使い方や歯磨きのやり方など、お口のセルフケア法を紹介します。

女性のお口の悩みNo.1は“歯の黄ばみ”!

出典:

「飲食で歯に色が付いたまま放置していると、色が少しずつ定着して黄ばみの原因に。食べたり、飲んだりする前に水や唾液で歯をコートしておき、飲食後は掃除して!」(歯科医師 石井さとこ先生)

with2018年4月号

女性のお口の悩みで最も多いのが、歯の黄ばみ。肌や歯茎の色とのコントラストによって黄ばんで見える場合もあるけれど、もともとの色より黄色い場合は、色素沈着が原因です。黄ばみを防いで、白い歯をキープするセルフケア法を紹介します。

歯の黄ばみを予防するには?

「サラサラの唾液は、臭いを中和するので消臭効果バツグン! 舌や歯の間の汚れも臭いの元となるのでやさしく&キレイにオフするコツ、教えます♥」(歯科医師 石井さとこ先生)

with2018年4月号

1 食事の前に歯の表面を水でコーティング!

「お皿を濡らしておくと汚れが付きにくいのと同じで、濡れた歯には付きにくいので直前に水をゴクリ。舌で歯をなめて唾液でコートするのも◎。」(歯科医師 石井さとこ先生)

with2018年4月号
出典:

飲食による歯の黄ばみを防ぐには、食事の前に水を飲んでおくのが◎。濡れた歯には色が付きにくいので、飲食による黄ばみを防止しやすくなります。食事前に舌で歯をなめて、コーティングする方法もおすすめです。

2 食事の後は綿棒で歯磨きついでにオフ!

「歯磨きでは歯の凹凸に染み付いた汚れは落としにくいので綿棒でお掃除。歯の表面に縦方向に動かして。濃い口紅が歯に付いたときも同様に。」(歯科医師 石井さとこ先生)

with2018年4月号
出典:
  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード