インテリアスタイリスト岩佐知布由の築50年1LDK改造計画

1LDK賃貸でおしゃれに暮らすvol.6【収納のプチアイディア編①】

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.9.12

狭いけど、古いけど、賃貸だけど、おしゃれに暮らしたい! インテリアスタイリスト岩佐知布由さんもその想いを胸に、築50年、1LDKの自宅を改造中! そのルポとともに、様々なインテリアTIPSをご紹介します。

「収納」がないなら、“作る”か“なじませる”

賃貸でマンション暮らしをしている人の多くが、収納の少なさを悩みに持っていると思いますが、私もその1人。限られた収納スペースに収まらない物たちをどう仕舞っていくか…今回は可愛く収納するためのプチアイディアをご紹介していきます。


【STEP 1】欲しいところにプラスする

リビング側にデスクコーナーを作った私。でも折りたたみできる簡単なテーブルをデスクにしたため、全く収納がありません。将来的には、デスク脇に棚を置くことも考えているのですが、今買うのは厳しい…ということで、エコバックの中に細々した物を仕舞うことにしました。そこで便利なのが、この「クランプ」。

クランプはDIYでビス留めする時などに、板と板をしっかり固定するのに使うアイテム。ホームセンターで売っています。ネジをくるくる回して板を固定するので、板の厚みに合わせてどこにでも簡単に付けることができます。クランプは締め付ける力が強力なので、ある程度の重さも耐えられます。

デスクの天板にクランプをプラスして、エコバックをかけることで、収納を少し増やすことができました!

【STEP 2】身近なアイテムを収納に

家の中を見渡してみると、意外と収納として使える物があります。例えばキッチン雑貨や器、バッグなど。見せながら収納することもできるので、インテリアになじむのもうれしいポイント!

ガラスのフラワーベース

これはガラスのフラワーベース。ランダムに置きがちなリモコンをまとめるのに使ってみました。
クリアなので圧迫感がなく収納できます。円筒型のガラスベースはお花を活けるのはもちろん、アイディア次第で色々な形の物を収めることができるので、1つあるととても重宝します。

プラスチックバケツ

収納のないトイレで悩むトイレットペーパーの収納方法として、わたしはバケツを採用しています。バケツってあると便利だけど、普段はあまり使いません。このバケツは「BERDAL(ベルダル)」というオランダのプラスチック製品メーカーのバケツ。シンプルなロゴが効いていて、収納として使っても可愛いデザインです。

トートバッグ

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード