結婚、妊娠、出産を考えるなら!働くアラサー女子の『プレ妊活』

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.2.12

「今は仕事も恋愛も充実しているし、妊娠なんてまだ先の話」と思っていませんか? 意外と時が過ぎるのは早く、気がついたら高齢出産ゾーンに入っていたということも。最近では、婦人科系の病気に悩まされている女性も少なくないようです。そんな悩みが増えてしまう前に……改めて自分の体と向き合ってみましょう。

まずは一番身近な生理の周期&量をチェック!

出典: gettyimages

“正常”な生理とは……

□ 生理初日から次の生理までが25〜38日周期
□ 出血が3〜7日間(平均で5日)持続する
□ 1期間に出る経血の総量はおよそ20〜140㎖

「生理周期とは、生理が始まった日から次の生理が始まる前日までの日数のことです。25~38日が一般的ですが、多少のズレが生じ18〜45日でも、あまり心配することはありません。周期が短い場合や生理が数ヵ月来ない場合は、卵巣の働きの低下が考えられ、妊娠しづらかったり、流産しやすかったりします。生理日数は3~7日で終わるなら問題ありません。生理が2週間も続く、逆に毎回1~2日で終わる場合、生理があっても排卵していない可能性があります。また、経血量は20~140gと人によってかなり差があります。多い日は昼用ナプキンを2時間おきに交換し、1回の生理で25~30枚程度の使用が正常な量の目安です」(成城松村クリニック院長・婦人科医 松村圭子先生)

with2016年3月号

毎月憂鬱になってしまう生理は、大切な健康のバロメーター。手帳と照らし合わせながら、まずは自分の生理を見直してみて。

周期と量がおかしいなと思ったら不調のサイン?

出典: gettyimages

異常を感じているのに、「面倒だから」「恥ずかしいから」という理由で病院に行かないのはNG! 下記のような症状が続くようであれば、婦人科を受診しましょう。

■周期がおかしい
・3ヵ月以上生理が来ない→【無月経】

それまであった月経がなくなり、3ヵ月以上こない状態。希発月経から発展するケースもある。強いストレスや無理なダイエットなど、精神的、肉体的負荷がかかることで起こりやすい。また、高プロラクチン血症や甲状腺機能異常が原因で起こる場合も。

・次の生理がすぐ来ちゃう→【頻発月経】
月経周期が24日以内の場合。希発月経と頻発月経は排卵がある場合とない場合があり、無排卵性の頻発月経は経血が少なく、期間は長い人もいれば短い人も。思春期によく見られるが、成人なら黄体機能不全や無排卵周期症、甲状腺機能異常が原因の場合も。

・2〜3ヵ月に1回しか来ない→【希発月経】
周期が39日以上3ヵ月以内と、月経の頻度が少ない状態。おもにホルモン分泌の異常が原因で、排卵があれば妊娠する可能性はあるが、いずれにしても医師の診察は受けて。思春期や更年期、多のう胞性卵巣のほか、肥満が原因で起こることもある。

■量がおかしい
・おりものくらいの量しか出ない→【過少月経】

経血がおりもの程度しか出ず、ナプキンがほぼ必要ない場合。期間も1〜3日とすぐに終わってしまう。子宮発育不全など、子宮に異常がある可能性が。また無排卵周期症や黄体機能不全など、ホルモンの分泌異常によって出血量が少なくなる場合も。

・生理はあっても、妊娠しない→【無排卵月経】
排卵されずに出血だけが起きている状態。排卵が起きると黄体ホルモンによって体温が上昇するので、基礎体温に変化が見られない場合は無排卵を疑ってみるべき。また早期閉経や骨粗鬆症などのリスクが高まるので、たとえ妊娠を望まなくても早めの対応を。

・量が多く、8日以上続く→【過多月経】
経血量が異常に多くナプキンが1〜2時間しかもたない、またレバーのような血のかたまりが多い。子宮筋腫や子宮内膜症など、不妊に繫がる病気の可能性があるので思い当たる人は早急に検査を。また期間が長引くと貧血を起こしやすくなるので注意が必要。

生理の異常で気づくことも!婦人科の代表的な病気3つ

自覚症状がないまま、進行してしまうのが婦人科の病気の怖いところ。具体的な異常な症状がなくても、生理で少しでも気になることがあれば受診しておくと安心ですね。

1 多くの女子が悩む「子宮筋腫」

出典:

子宮の筋肉組織の一部にこぶのような塊ができる病気。原因は特定できていませんが、女性ホルモンが大きく影響しているといわれます。女性の4人に1人がかかるとも言われ、筋腫のある部位によっては生理の際に夜用ナプキンが1時間もたないほど大量の経血が出たり、大きな血の塊が出る、生理痛がひどくなるなどの症状がありますが、無症状の場合も多いので注意が必要です。

with2016年11月号
  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード