ワタナベ薫 「怒り」をうまくコントロールするための5ステップ

LIFESTYLE 2018.9.12

職場や友人関係、SNSなどで、怒りやねたみ、イライラを抱えていませんか? そんなネガティブな気持ちをひたすら我慢していると、いつか爆発してしまうかも……。そこで今回、『生きるのがラクになる ネガティブとの付き合い方』(マガジンハウス)など、著書が累計83万部を突破し、1000人規模の講演会が即完売するほどの人気作家・ブロガーのワタナベ薫さんに、怒りを上手にコントロールするための方法を聞きました。

  • facebook
  • twitter

怒りがわいたら、ぜひ試してみたい5つのこと

出典: gettyimages

職場や友人、家族……。感情のままに怒ってしまい、失敗したことはないでしょうか。怒りの感情に決して振り回されることなく、上手にコントロールをしていくにはどうしたらよいのでしょうか。ワタナベ薫さんに5つのステップを教えていただきました。

ステップ1 まずは6秒間でクールダウン

出典: gettyimages

「カ~ッという激しい怒りは、6秒で通り過ぎると言われています」とワタナベ薫さん。

「その6秒間を静かにしてクールダウンできたら、ひとまずセーフ。大きく深呼吸をしましょう。この短い流れを習慣化させるだけでも、怒りを上手にコントロールできるようになります」(ワタナベ薫さん)

ステップ2 怒りの感情を冷静に伝える

出典: gettyimages

次に、怒りの感情を相手に伝えましょう。

「怒りを押し込めてしまうのではなく、自分の感情を相手に伝えましょう。冗談っぽく『わ~なんか今、カチンときちゃった!』と伝えてもいいと思います。気持ちが相手に伝わらなければ、再び怒りがわくような場面が何度も起きるはず。怒りを覚えたら、感情を相手にきちんと伝えることは大事です」(ワタナベ薫さん)

ステップ3 怒りがわいた気持ちを、誰かに打ち明ける

出典: gettyimages

もし信頼できる人がいれば、怒りの気持ちを打ち明けるのも有効だそう。

「カウンセラーやコーチ、心を許せる友人に、その怒りの気持ちを打ち明ければ、かなりすっきりするでしょう。ただし誰彼構わず、時と場所を考えずに連絡をして愚痴を言い続けるのはNG。相手を選び、時と場所には十分気を付けましょう。特に相手が友人の場合、愚痴を聞いてもらったら『ありがとう、聞いてもらってすっきりした』とお礼も必ず伝えてください」(ワタナベ薫さん)

ステップ4 怒りの感情を書きなぐる

出典: gettyimages
  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事