お金が貯まる女性の共通点♡「自分は運がいい」と思い込む!

LIFESTYLE 2018.10.30

お金を貯めようと思うと、「家計簿をつけて、欲しいものを我慢して…」と、お金まわりのことだけに注目していませんか? 実は、貯蓄額の差は、それ以外の生活習慣でも大きな差がつくそう。意外に感じるかもしれませんが、「自分は運がいいと思い込むこと」も貯蓄に効果があるといいます。『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)の著者でファイナンシャルプランナー・コラムニストの西山美紀さんにお話を伺いました。

  • facebook
  • twitter

“自分は運がいい”と思い込むと、“お金が貯まる女”になれる?

これまで、20~40代の女性を中心として、のべ1万人へのアンケートや数百人への対面取材を行い、生活習慣の違いなどの分析を重ねてきた西山美紀さん。

「『自分は運がいいと思うか、悪いと思うか』と聞いてみると、年間貯蓄額が100万円以上の人と、100万円未満の人とで大きな違いが出ました。年間100万円以上貯めている人は『自分は運がいいと思う』と答える割合が非常に高いのです」(西山美紀さん)

とはいっても、「お金がたくさん貯まった=だから運がいい」と思っている人も多いのでは?

「いえいえ、お金がしっかり貯まる前から、『自分は運がいい』と考えているようです。例えば、お金が貯められなくて、会社も倒産してしまって、どん底にいた女性が、お金に対して危機意識を持ち、別の会社に転職してからしっかり貯められるようになって、『自分は運がいいです』と話していました。運がいいと思い始めることで、人生を切り開いていけるのではないでしょうか」(西山美紀さん)

「運が悪い」と思うと、お金も人も逃げていく

一方で、ついつい「自分は運が悪い」と思い込んでしまう人は、お金が貯められないといいます。

「何かイヤなことがあって『やっぱり自分は運が悪い』と考えると、ストレス解消で食べに行ったり、ネットショッピングで散財したりと、余計な出費につながりがちです。暴飲暴食で体形が崩れて、洋服が入らなくなって新しく買ったり、気持ちも落ち込んだりと負のスパイラル。お金もどんどん出ていってしまいます」(西山美紀さん)

さらに、「運が悪い」という口癖のある人に、人は近寄りたくなくなるもの……。

「『私、運が悪くて…』という人と、ずっと一緒にいたいとはなかなか思わないものでしょう。なんだか自分も運が悪くなるような気がしてしまいますから。『運が悪い』と思い込んでしまうことで、お金も人も逃げていってしまうのです」(西山美紀さん)

「運がいい」と思うことで背中を押してくれる

「運がいい」と思い込むことは、余計な出費が出ていかないばかりか、お金の面以外でもプラスにつながるといいます。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事