暑い夏だからこその楽しみ。こだわりの「夏温泉」は絶景が最高!

LIFESTYLE FRaU編集部 2017.8.6

“温泉=寒さに凍えた身体を温めるもの”というイメージを持っている人も多いはず。しかし、夏の絶景を眺めながら入る温泉や、夏のあいだしか入れない温泉などなど、夏だから楽しめる、むしろ夏しか楽しめない温泉もたくさんあるって知っていますか? 温泉ソムリエマスター、温泉達人会会員、温泉バイカーがオススメする夏温泉は、泉質はもちろんロケーションも最高! 全国各地の温泉に精通した3人に、実際に入ってよかった夏温泉を教えてもらいました。

  • facebook
  • twitter

冬のイメージが強い温泉ですが、実は暑い夏だからこそ楽しめる夏温泉もたくさんあるんです。そこで、温泉愛好家がオススメする泉質もロケーションも最高な夏温泉を厳選してご紹介!

温泉ソムリエマスター 板倉あつしさんが推奨する泉質抜群な夏の絶景温泉

標高2000mにある一軒宿!高峰温泉「高峰温泉」

出典: 名物「雲上の野天風呂」

宿内には飲泉コーナーも。身体の中からも取り入れることで、さらに名湯の効能を感じて。

板倉あつしさん 温泉ソムリエマスター

一般社団法人プレスマンユニオン代表理事、日本旅のペンクラブ理事。旅、温泉、食をはじめ、さまざまなジャンルのライターとして新聞、雑誌、WEBに多数連載。年間取材は130泊以上。

「泉質は含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。名物『雲上の野天風呂』からは、晴れていれば小諸市内が一望でき、その爽快感は類を見ません。館内にある2つの内湯には、それぞれ加温した浴槽と、ぬる湯の源泉浴槽があります。源泉の温度は、34~37度の熱くも冷たくも感じない温度“不感温度帯”の35.6度で、鎮静作用があります。何時間でも浸かっていたくなる、最高に気持ちのいいぬる湯温泉です。宿泊客向けに星の観望会、自然観察会、ハイキング案内など、ホスピタリティーも抜群。アサマ2000スキー場に隣接する秘湯の宿でありながら、新宿駅から宿の前まで来る長距離バスもあり、老若男女問わずアクセスしやすいです」(温泉ソムリエマスター 板倉あつしさん)

出典: 檜の香りにも癒やされる内湯

温度が異なる2つの浴槽に交互に入ると、新陳代謝が高まって血行もよくなるそう。日帰り入浴500円(5~11月中旬)

出典: 水菜や白菜たっぷり「信州豚白鍋」

薄味で健康志向のコース料理の一例。

DATA
高峰温泉
長野県小諸市高峰高原 TEL:0267-25-2000 平日1泊2食・2名1室14000円~(税別) 「雲上の野天風呂」は宿泊客のみ利用可能。

標高日本一の混浴露天風呂!本沢温泉「雲上の湯」

出典: 日本最高所の野天風呂「雲上の湯」

夏でもゲートから1時間以上、冬は麓から4時間以上の徒歩になる秘湯中の秘湯。「雲上の湯」とは異なる泉質の内風呂(夏のみ)が山小屋にあり、こちらもおすすめ。

  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事