なぜ!?家計簿を10年も続けているのに貯まらない女子改善講座

LIFESTYLE HOLICSオリジナル 2018.1.26

今回登場するのは、夜勤がある27歳の医療職女子。収入が高く、家計簿も10年つけているそうですが、貯金がなかなか増えないというお悩みがあるそう。そこで、お金のプロからアドバイスをいただきました!

  • facebook
  • twitter

節約大好き!家計簿もつけている!でもどうして貯まらないの?

矢田アミさん(仮名) 27歳・医療・一人暮らし

●マネーノート
手取り月収 22万円
ボーナス年間手取り 65万円
ひと月の貯蓄額 1~2万円
ボーナスからの年間貯蓄額 50万円
1年間の貯蓄額 80万円
現在の総貯蓄額 50万円

●1ヵ月あたりの出費
家賃(管理費等こみで)  8万4千円
水道光熱費 4千円
携帯電話代 1万3千円
食費(食材費・お菓子、飲料など) 1万5千円
外食費(平日のランチ、一人でカフェ、夕食を外で等) 7千円
交際費(友達とカフェ、ランチ、飲み会等) 8千円
日用品代 2千円
服飾費 1万円
美容費(コスメ・美容院・ネイル・エステ等) 1万5千円
趣味・娯楽費 5千円
交通費 1万3千円
習い事(料理、ヨガ)など 2万5千円
貯蓄 1万円

チェック1 6つの項目に分けて10年間家計簿をつけています

矢田さんは、家計管理には自信があるのだそう。

「一人暮らしを始める前から、かれこれ10年くらい家計簿をつけています。自分のことは自分でやらなくちゃと思っているんです。支出項目は、食費、日用品、遊び(交際)、服、美容、趣味と6つに分けています。かわいいノートにシールを貼ったりしてモチベーションを高めていますね。意外とお金がかかっているなと思うのが、本や雑誌を買うこと。自己啓発系の本のほか、『with』や『MORE』などを買うことが多いです。でも、自分の楽しみとしてこれは削りたくないんです」

レシートを必ずもらって、毎晩集計しているそう。

「レシートでいっぱいになると、家計簿をつけるのが面倒になってしまうから。毎晩必ず集計して、家計簿につけるようにしています。でも貯まらないんです……」

●プロのアドバイス「家計簿はつけるだけではNG」

「家計簿をつけていることは素晴らしいのですが、つけることをゴールにしていませんか? 自分がどのようなものに使っているか、ぜひ分析をしてみてください。いい出費、悪い出費が見えてくるはずです」(ファイナンシャルプランナー・大坪美樹さん)

チェック2 年に2回以上、旅行で大きなお金を使っています

旅行が趣味で、年に2回は国内旅行をしているそう。

「旅行好きな友達がいて『次はどこに行こうか』なんて話しながら、半年に1回のペースで国内の温泉旅行などをしています。去年はバリ島にも行きました。3泊5日で20万円! 旅行に行くと数万円から十数万円のお金がいっきに飛びますけど、旅行が大好きで、そのために仕事をがんばっているところもあるのでやめられないですね」

●プロのアドバイス「旅行などの大きなお金は、予算を立てて」

「旅行に行くことがわかっていれば、予算を立てることをおすすめします。ボーナスの3分の1を旅行用に貯めるなど、工夫ができると思いますよ」(ファイナンシャルプランナー・大坪美樹さん)

チェック3 家賃は8万4千円。ちょっと高いですよね(苦笑)

家賃8万4千円の部屋で一人暮らし。住み始めて1年になります。

「医療関係の仕事で夜勤があるので、手取りが30万円近くになることもあるんです。夜勤をがんばっている自分を癒してあげてもいいだろうと思って、ちょっと高い部屋ですがとても気に入ったので決めてしまいました。住み心地は本当にいいのですが、やっぱり……ちょっと高いですよね(苦笑)」

  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事