お金が貯まる女性の共通点♡“ヘアスタイル”にお金をかけている!

LIFESTYLE HOLICS編集部 2018.12.10

お金を貯めようと思うと、「家計簿をつけて、欲しいものを我慢して…」とお金周りのことだけに注目していませんか? 貯蓄額の差は、実はそれ以外の生活習慣でも大きな差がつくそう。意外に感じるかもしれませんが「ヘアスタイルにお金をかけてみること」も貯蓄に効果があるといいます。『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)の著者でファイナンシャルプランナー・コラムニストの西山美紀さんにお話を伺いました。

洋服のことばかり目がいくと、髪がおろそかになりがち?

これまで、20~40代の女性を中心として、のべ1万人へのアンケートや数百人への対面取材を行い、生活習慣の違いなどの分析を重ねてきた西山美紀さん。

その中で、「貯まらない原因はヘアスタイルにあった」と感じるケースもあったそう。

「ある女性は美容費の節約に励んで、『美容院の新規限定で安くなるクーポンを使いながら渡り歩いている』といっていました。でも、『安いのはいいけれど、なかなか自分が思うような髪型にならなくて……』と嘆いていたのです。

鏡で全身を見てみるとどこかイマイチで、ネットですぐに洋服を買ってしまうそう。でも、洋服をいくら買ってもしっくりこないし、高い洋服を買っているわけではないのにお金がなくなってしまう……と」(西山美紀さん)

そこで、今までよりヘアスタイルに少しお金をかけて、美容院を変えてみることを提案したそう。

ヘアスタイルが素敵になると、いつもの洋服でも変われる

「コミュニケーションをきちんととって似合う髪型を考えてくれるような、金額が少し高めの美容院に行ってみることを提案したのです。すると、美容師さんが彼女の髪の毛のクセや毎朝のスタイリングにかけられる時間などを考えたうえで、素敵な髪型に仕上げてくれました。『今までの洋服が似合うようになりました。私に必要なことは、たくさんの洋服を買うことではなかったんですね』と気づけたんです」(西山美紀さん)

外で見かける自分の姿が今一つだと感じたとき、「新しく洋服を買えば、自分は変われるかな?」と思うこともあるもの……。もちろん、どんな洋服を買うかで雰囲気は変わりますが、“髪型”も大きなカギになります。

「髪の毛がつやつやでまとまりがあって、よく似合うヘアスタイルの人は、シンプルな洋服を着ていても素敵に見えますよね。それを自分にあてはめてみて、本当に似合うヘアスタイルになれば、いつも着ている洋服そのままでも素敵に見えるのではないでしょうか。

このように自分の“お金のかけどころ”を変えてみると、悩んでいたことがあっという間に解決して、さらに出費が減ってお金が貯まるということがあるんです」(西山美紀さん)

上手にバランスをとって、お金を使っていこう

ただし、“ヘアスタイルにお金をかけすぎること”には気をつけて。

「ある女性は、美容院ですすめられた超最高級のシャンプーセットを買い、月に1回ヘッドスパをして……と髪の毛にかけるお金が青天井になってしまったそう。そのため、食費も削るようになったといいます。

もちろん日々のお金に余裕があれば問題ないと思いますが、食費を削って体調を崩してしまっては元も子もありません。自分の収入の中でうまくバランスをとれるよう、気をつけてください」(西山美紀さん)

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード