語れる人から美人になる♡女をキレイにする“腸の基礎知識”6

LIFESTYLE 2018.4.12

最近よく耳にする「腸内フローラ」。よくわからないけれど、腸にはお花畑があるそうで、しかもそれがどうやら美しさを手に入れる鍵のようです。つまり、腸を知ることがキレイにつながる! まずは 腸の基礎知識から学んでいきましょう。

  • facebook
  • twitter

腸をキレイにすれば“チョーキレイ”になれる理由とは?

最近、「肌の調子が悪い」「何をやっても痩せられない」「疲れやすい」「気分が落ち込む」などなど、お悩みを抱える女子は注目! そのテンションを下げるもろもろの原因は腸にあるかもしれません。「そもそもどうして腸がキレイを作るの?」。腸活のスペシャリスト・小林暁子先生に、5つのポイントを教えてもらいました。

小林暁子 小林メディカルクリニック東京院・院長

医学博士。全身の不調に対応するクリニックを開業し、人気の便秘外来では延べ15万人以上の便秘患者の治療に携わる。著書は『今日からはじめる健美腸ルール 人生で最高の自分になる方法』(講談社エディトリアル)他。

1 体の水分バランスを決めているので、腸の状態が悪いと肌も乾燥しがち

出典:

肌は、腸の調子をバッチリと映し出す鏡。肌にトラブルがあれば、それは腸内環境が悪いというサインです。腸は体の水分バランスも決めているので、状態が悪いと肌も乾燥しがちに。そうなれば、ハリがなくなり、シワが増えるという負のスパイラルに……。でも大丈夫! 腸の働きを活発に保てば、毎日鏡を見るのが楽しくなります。

「老廃物のデトックスが進むため、肌が明るくなるし、ニキビなども減少します。髪や爪などもキレイになりますよ」(小林暁子先生・小林メディカルクリニック東京 院長)

ViVi2015年10月号

2 腸内細菌は3種類。キレイのためには「善」を増やして「悪」を絶つべし!

出典:

腸壁にすみついた腸内細菌の数はなんと100兆個以上あります。その種類は3つ。「善玉菌」は、腸を良好な環境にして健康を保ってくれる味方。「悪玉菌」は、腐敗物質や発がん性物質を生み出す敵! 「日和見(ひよりみ)菌」は「悪玉菌」勢力を増すと、それを応援する侮れないヤツです。腸が不健康だと「悪玉菌」が増えて免疫力が落ち、病気につながってしまう恐れが……。バランスは人それぞれ違いますが、コントロールするのがキレイへの近道です。

「腸をベストな状態に保つことは、健康キープに必要不可欠なのです」(小林暁子先生・小林メディカルクリニック東京 院長)

ViVi2015年10月号

3 「腸内フローラ」とは腸内に群生している細菌の状態のことです

出典:

「腸内には100種類以上もの多様な細菌が存在します。人間にとっていい菌(善玉菌)もいれば、悪い菌(悪玉菌)、不安定な菌(日和見・ひよりみ菌)もいる。その群生している様を花畑に例えて、腸内フローラと呼んでいます。腸内の菌のベストなバランスは人それぞれ。万人にあてはまる状態はありませんが、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす努力をすることで、腸はキレイになれるはず」(小林暁子先生・小林メディカルクリニック東京 院長)

ViVi2015年10月号

4 「汚腸(オチョウ)」だと便の排出力がダウンし、痩せにくい体に!

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事