夏の冷え予防は食事から!温活に効く温性&熱性食材のすすめ♡

LIFESTYLE 2018.5.12

ビールやかき氷など、夏は冷たいものが美味しい季節。暑いからと油断しがちですが、実は冷たい飲み物や食べ物は知らないうちに内臓を冷やし、肌や体の不調を招く原因になってしまいます。そこで、夏こそ身につけたいのが温活習慣♡ まずは食事から始めてみませんか?

  • facebook
  • twitter

夏の食材選び、間違えていませんか?

出典:

普段から体を意識的に温めるには、日頃の食生活を見直すのが大切。冷たいものを控え、温性&熱性の食材を選ぶだけでも、冷え対策することができるんです。

出典:

女性がよくやりがちなのは、ダイエットに対する間違った知識からくる食事制限。太りそうだから、お肉や乳製品を食べないなど偏った食事はNG! 偏った食事では体の中でエネルギーが作られにくくなり、冷え予防ができないなんてことも......。今回は、毎日の食生活の中で、体を温める食材を取り入れる方法や、冷え予防に効果が期待できるおすすめの食材をご紹介します!

体の内側から温めるには“温性”“熱性”の食材を取り入れるのが◎!

「東洋医学によると食材には四性(寒性、涼性、温性、熱性)があり、冷え対策には“温性、熱性の食材”を。」

with2017年9月号
出典:

温性&熱性の食材には、血液の循環をよくし、体を温める効果があります。また、冷えてもすぐまた体温が回復しやすくなるのだそう。夏こそ、体を温める食材を積極的に摂るよう心がけて!

“温性”“熱性”の食材ってどんなものがあるの?

出典: 赤みが強いもの&色の濃いもの

赤みが強い肉や魚などは、タンパク質を効率よく摂取できて、体温を上昇させる効果があります。また、にんじんやかぼちゃ、黒ゴマなど、色の濃い野菜や種実類なども温(熱)性です。

出典: 水分が少なく身の締まったもの

チーズや燻製、原材料よりも硬くて水分が少ないものにも、体温を上げる効果が期待できます♡ マンゴーなど、涼(寒)性に属する南方原産の果物なら、ドライフルーツをチョイスして。

出典: 塩分の強いもの
  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事