野村周平の素直で飾らない発言に女子がザワザワしている件

LIFESTYLE 2017.8.9

多くの若手俳優の中でも“実力派”と名高い野村周平くん。最近はもともとのプロ意識の高さに、キャリアがプラス。演技に安定感さえ感じられるようになりました。演技でのクールなイメージとはまるで違ったおちゃめな一面を持つ“愛されキャラ”でもあります。いろいろな顔の中に、大人の顔も覗かせるようになった最近の彼。その発言に女子たちがザワザワしているようです。HOLICS編集部のSもそのひとり……。

自分が思うチャームポイントは「お尻」らしい

出典:

嫌いなパーツはないです。お母さん、ありがとう! ナルシストってわけじゃないけど、自分のことも相手のことも、褒めるべきだって思ってて。カッコいいと思っていれば、そうなっていきますしね。特別好きなパーツはお尻! 自転車が趣味なんで、勝手にヒップアップされてるのか、僕、お尻の形が超キレイなんですよ(笑)。(野村周平さん)

VOCE2016年8月号

「嫌いなパーツはないです」なんて言い切っちゃうところ、逆にこざっぱりしてていい! 「全然モテないんですよ」「失恋ばっかりで……」みたいなツッコミどころ満載な俳優が多い中、自分の価値をしっかりわかっているところは非常に好感度高いです。あーあ、こんな息子産んで、「お母さん、ありがとう」なんて言われたい。もうね、私ほどになると、彼女なんてスゴいポジションなど狙いません。もはやおかん! おかんになりたい!! 来世に期待。

どちらかと言うと“一匹狼”タイプらしい

出典:

正直、団体競技は苦手です。野球なら、バントのサインを無視してホームランを狙ってしまうタイプ。みんなで団結して勝ちを狙うより、自分の力で状況を切り開いていく競技のほうが性に合っていますね。(野村周平さん)

with2016年3月号

いいのいいの、イケメンとは孤高なものよ! でも周平くんのキャラ的には、きっと一人で突っ走っても、みんなから許されちゃうタイプなのではないかと。「おまえ、勝手にホームラン狙うなよ! あそこはバントだろ」「ごめーん! またやっちゃった!」で許されるキャラ勝ち。性格のよいイケメンは、何でも許されてしまう特権があるのです。

過去にうまくいかなかった恋愛もあったらしい

出典:

小さい頃はスノーボードばかりやっていたので、少し遅くて、中学3年ぐらいかな。でもあまり思い出したくない。もともとちょっと小悪魔な感じの子が好きなんですけど、散々振り回されて終わったので……。(野村周平さん)

ViVi2017年5月号

小さい頃からスノボとか、ナチュラルボーンイケメンかっ! 私の小さい頃には、スノボ自体なかったがな。当時のゲレンデは、globeと広瀬香美の2強だったなーなんて90年代の想い出は置いといて。それにしても、野村くんのトラウマになるほど振り回した女子ってかなりのツワモノ。今はどんな女子に育っているのか、見たいものです。

知らない分野を教えてくれるような人とデートしたいらしい

出典:

自分は、自転車やクルマいじりとか、我ながら女子と共有しにくいことが大好きなんです。最近は音楽も、洋楽のヒップホップばかり聴いてますしね。でも、だからこそ流行りの映画だったり、ファッションだったり、僕が知らない分野を教えてくれるような人とデートしたいと思うのかもしれません。(野村周平さん)

with2016年3月号

HOLICS編集部

この記事のキーワード

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事