ホリコ(29歳・会社員)年収380万、老後2000万問題に立ち向かう!vol.2

貯金の金利よりも圧倒的に効果大!〜節税編〜

LIFESTYLE HOLICS編集部 2019.11.29

崩れゆく終身雇用に、先送りになる年金。人生100年時代に突入し、もうすぐ30歳になる直前に漠然とホリ子は思っていた。「老後が不安……」。不安な老後を乗り切るための短期集中連載。ホリコと一緒に安心を手に入れましょう!

ホリコ(29歳・独身)中小企業勤務 年収380万 貯金ゼロ

私の名前はホリコ。
現在都内の中小企業に務める29歳です。
年収は380万。ここからなんかいろいろ引かれて、なんだかんだで手元に残るのは毎月25万くらい。
新卒で今の会社に入ってから、ずっと一人暮らしをしているので、ぶっちゃけ全然足りないですし、なんなら貯金は0円です。

よく若い人の趣味は「貯金」とかいうじゃないですか。
それ本当ですか!? なんでみんな貯金とかできるんですか!?

最近、老後がすんごく不安になってきたんです……。
だって年金以外にも、自分で2000万円貯めないといけないんですよね!? そんなの今から貯金したところで全然足りない気がするんですけど、一体どうしたらよいんですか……。

私、大丈夫なのかな。

FP 高山一恵さんに聞きました「まずはやっぱり貯金ですよね?」

ホリコ:前回言われた通り、あれから家計簿はアプリでつけ始めました! お金の流れがわかると、私は今まで一体何をやっていたんだろう……という気になって来ました。だからといって貯金をしているかと言われたら、まだしていないです。手取りも少ないし、交際費や洋服代を削りたくないし、正直なかなか難しいです(涙)

高山先生:貯金も月何万とハードルを自分で上げていませんか? 最初はできる範囲でいいんですよ。それを給与が振り込まれる日に、自動的に先取り預金してしまうのも手ですが、もっとお得なのは節税です​。

ホリコ:節税 ? ……なんかすでに面倒臭そうです。

高山先生:ホリコさん……。今現在、大手銀行の普通預金の金利を知っていますか?

ホリコ:わかりません! 金利とか考えたこともなかったです。

高山先生:現在は、みずほ銀行のような大手都市銀行にお金を預けても、普通預金の金利は0.001%、定期預金(1年)は0.01%です。高度経済成長時の頃は、普通預金の金利は、2%程度、定期預金の金利は8%程度もありましたが、現在では夢のような話です。例えば、100万円を定期預金に預けても、昔は利息が8万(税引き前)円になりえましたが、今は100円(税引き前)にしかならないということです。

ホリコ:えええええええっ!?!?!? 昔は8万も増えたんですか? 羨ましい……。じゃあ私は地道に貯金し続けるしかないってことですよね? 最初からそれしかないとは思っていましたが。

高山先生:そこでオススメしたいのが節税なんです。節税は国の制度を上手に利用して、法律の範囲内で納める税金を減らすこと。貯金の金利よりもよっぽどお得だったりしますよ。

代表的なものは「ふるさと納税」

ホリコ:すぐにできる節税ってなんですか?

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード