月1000円からできる!賢いマネー女子のための「投資入門」

LIFESTYLE 2019.1.10

投資に興味はあっても、「難しそう」「始め方がわからない」「損をしたらどうしよう……」と悩んでいませんか? 実は投資は月1000円から始められて、少額ならマネーについて勉強したい人にぴったりなんです。そこで今回は、投資の始め方や方法、メリットなどをご紹介します!

  • facebook
  • twitter

お金を運用するのはプロがやってくれるので、こちらはどの投資信託を選ぶかを決めるだけで始められます。大きな金額を投資して失敗してしまう前に、投資とはどんなものかを勉強したい初心者にぴったりです。

最初は「バランス型」を選んでリスクを分散させよう

「さまざまなカテゴリーがセットになっている投資信託を選べば、1本買うだけでリスクを分散して投資することができます。つまり、大きな儲けは得にくいですが、もし何かが大きく値下がりしても、大きな損にはなりにくいのです」(経済コラムニスト 大江英樹さん)

with2017年8月号

投資信託には、国内株式型・外国株式型・国内債券型・外国債券型など様々な投資対象があります。初心者におすすめなのはこれらがすべてセットなった「グローバルバランス型」というもの。1つのものに集中して儲けを狙うのではなく、国内・世界の経済に分散して少しずつ投資して、リスクを抑えることができます。

投資信託を選ぶコツは「手数料が安い」ところ!

出典:

「ネット証券なら、手数料が安い傾向にあります。基本的にリアル店舗がないので経費がかからないためです。口座を開く手続きは簡単で、最近はネット上で必要事項を入力し、本人確認書類の写真をアップロードすると証券会社から口座番号などが郵送される場合も」(経済コラムニスト 大江英樹さん)

with2017年8月号

投資は、証券会社に口座を開くところからスタート。投資積み立ては購入時に手数料がかかり、持っているだけでも運用管理費がかかるのですが、最近は銀行でも投資信託の積み立てができます。ネット証券なら手数料が安く、口座開設が簡単なところも!

「ノーロード型」なら購入時の手数料がかからない

近年は「ノーロード型」という、購入時手数料がかからないタイプも増えてきています。ノーロード型には運用管理費用が高いということもあるので、よく見比べて選んでみましょう。

積み立てNISAなら年間120万円まで税金がかからない

決められた投資信託の中から、積み立てで買っていく。1年あたり40万円まで(最長20年間)、投資で得た利益に約20%の税金がかからないのがメリット。金融機関によっては月100円から積み立てができる。iDeCoは60歳まで原則的に払い出しができないが、積み立てNISAはいつでも売却OK。投資初心者に◎。

with2018年10月号

投資で得た利益には税金がかかりますが、「NISA」の口座を開くと年間120万までは税金がかからないので、初めて投資信託に挑戦するときにおすすめ! iDeCo(イデコ)とは個人型確定拠出年金で、老後資金を積み立てていく仕組みです。積み立て全額が所得控除になり、所得税や住民税が少なくなるのがお得! ただ、60歳になるまで払い出しができないので、注意が必要です。

スマホアプリを利用して少額から投資スタート!

イマドキの投資は、スマホアプリを使うこともできます。

  • page 2 of 4
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事