美容マニアに人気。チェコの「オーガニックコスメブランド」3

LIFESTYLE おとなスタイル編集部 2017.8.24

ナチュラルコスメ、オーガニックコスメス好きのあいだでジワジワと人気が広がっているのが中欧の国、チェコのコスメです。現地でも特に人気の3大ブランドから、旅行のお土産としても話題のアイテムをご紹介します。

ビールのハンドクリーム!チェコらしさ満点です

3大ブランドの最後は「マヌファクトゥーラ(MANUFAKTURA)」。1991年創業で、ビールやワイン成分の入ったチェコならではともいえるシャンプーやコンディショナー、ハンドクリームなど定番の商品から、ラベンダーやローズ、ミントなど香り高いシリーズまで充実しています。代表的な商品は「ビールのハンドクリーム」。ビール大国でもあるチェコはビールを造るための原料「ホップ」の一大生産国でもあり、「マヌファクトゥーラ」のビアコスメティックスシリーズにはホップの成分が使われているのが特徴です。ホップにはビタミンBやミネラルがたっぷりと含まれているそうで、肌の再生を促し、保湿効果も高いとか。使い心地はさらっとしているのにしっとり。そしてさわやかな香りと清涼感が残ります。

さわやかな香りと清涼感が残るテクスチャー。

プラハの街では、どこで買えるの?

「アポテカ」は旧市街広場から少し南に1軒、そして市役所近くのショッピングセンター内にも1軒あります。色分けされたラベルがデザイン的で美しいディスプレイはいかにもヨーロッパ風です。2014年に創業してまだ数年しか経っていないアポテカですが、バロック建築の宝庫ともいえる町、オロモウツなどにも店舗があります。オロモウツのアポテカ(写真は定休日)は路面店で大きな店構えですので、時間をかけてゆっくりお買い物できるといいですね。ちなみにチェコの多くの店は土曜の午後と日曜はお休みですから、お目当てのお店の営業日・営業時間を確認してから旅の予定を組んだほうがよさそうです。

ショッピングセンター内のお店
オロモウツの路面店

「ボタニクス」は2軒のお店が斜め前くらいに位置し、ほぼ隣接しています。大きい方の店舗は品揃えも抜群ですが、団体の旅行者などで混雑していることも多いようです。それに比べるともうひとつの店舗は落ち着いた雰囲気ですので、両方の店舗の様子をチェックしてみるといいかもしれません。

プラハの店舗の外観
ソープやローションが薬局みたいに並んでいます

「マヌファクトゥーラ」では定番のビールシリーズのシャンプーとリンスなどもおすすめ。奥には木のオモチャやバスケットなど、フォークロワグッズがぎっしり並ぶコーナがあるので、こちらも要チェックです。プラハ空港にも2店舗あり、フライトの前のお土産購入には便利。

  • 2/3ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード