「仕事・生き方」に迷ったら。“翻訳できない世界のことば”が効く

LIFESTYLE 2018.11.2

私たちの日常には、言葉では上手く説明できない行動や感情がたくさんありますよね。でも世界の言葉に目を向ければ、日本語にはない様々なシーンをピタッと表現してくれる言葉がいろいろあるもの。知ればきっと、アナタの世界はもっと広がっていくはず。そんな、世界中の“翻訳できない言葉”たちをご紹介していきます! 

  • facebook
  • twitter

仕事や生き方に行き詰まったら、口ずさみたいおまじない

世界には7000以上の言語があると知っていましたか? その中には、日本語にはない感情や行動をひと言で表現した言葉もたくさんあるもの。知れば、その土地の文化を身近に感じられるだけでなく、アナタの心の世界も広がっていくはず。そんな世界中の“翻訳できない言葉”をご紹介します。今回は「仕事・生き方」にまつわる4つの言葉をピックアップ。『翻訳できない 世界のことば』(創元社)の訳者である前田まゆみさんの解説とともにお届けします。

1 TREPVERTER (トレップヴェルテル)/イディッシュ語

出典: 『翻訳できない世界のことば』(創元社)

直訳すると「言葉の階段」。あとになって浮かんだ、当意即妙な言葉の返し方。

『翻訳できない世界のことば』(創元社)

相手の言葉に対してその場では上手く返せず、後から「こう言えば良かった」と悔しく思うことってありますよね。そんなときに使ってほしいのがこの言葉。

「これはドイツの一地方の方言であるイディッシュ語にある言葉で、“トレップヴェルテル”と読みます。直訳すると“言葉の階段”なのですが、階段を下りきってしまってから、あるいは角を曲がってから、皮肉で思わず笑えるような一番良い返しを思いつく……、そんな状況をひと言で言い表した言葉です」(訳者・前田まゆみさん)

たとえば上司に理不尽なことを言われて、後から良い返しを思いついたとき。「あー、なんであのとき思いつかなかったんだろう!」とモヤモヤしますが、この、自分の悔しい気持ちをピッタリ表現してくれる言葉をつぶやけば、クスリと笑えてストレスが軽減されるかもしれません!

2 TIMA(ティーマ)/アイスランド語

時間やお金があるのに、それを費やす気持ちの準備ができていない。

『翻訳できない世界のことば』(創元社)

「時間やお金は限りがあって、たやすく指の間をすり抜けていきますよね。それだけに、お金や時間を手放すのってむずかしい。一度失うと取り戻せないものだからこそ、人はできる限りそれを保持したくなるものですから。TIMA(ティーマ)は、そんな心理状態を表したアイスランドの言葉です」(訳者・前田まゆみさん)

やりたいことがあって、時間もお金もあるのに、一歩踏み出す勇気が持てない……。そんな人は自分を叱咤する気持ちも込めて、「TIMA」という言葉を自分に投げかけてみては?

3 STRUISVOGELPOLITIEK(ストラウスフォーヘルポリティーク)/オランダ語

直訳すると「ダチョウの政治」。悪いことが起きているのに、いつもの調子で、まったく気づいていないふりをすること。

『翻訳できない世界のことば』(創元社)

ダチョウは地面に頭を突っ込んで周囲の音を聞き取り、敵の接近を感知します。このSTRUISVOGELPOLITIEK(ストラウスフォーヘルポリティーク)は、そんなダチョウの特徴的な行動から生まれた、風刺的な言葉。

「悪いことが起きているのに、まさに地面に顔を埋めたように知らんぷりを決め込む。それでは何の解決にもならないのに……。そんな行動にオランダ人は“ダチョウの政治”という皮肉を込めた名前をつけて、上手く言い表しているのです。職場でもこういう上司がいると苦労しますよね。そんなときはこの言葉を思い出すと、クスッと笑えて腹立ちが少しおさまるかもしれません」(訳者・前田まゆみさん)

4 WARMDUSCHER(ヴァルムドゥーシャー)/ドイツ語

冷たい、または熱いシャワーをさけて、ぬるいシャワーを浴びる人。「少々弱虫で、自分の領域から決して出ようとしない人」を言う。

『翻訳できない世界のことば』(創元社)
  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事