TOKYO「壁」コレクションvol.6アテネは続くどこまでも

LIFESTYLE HOLICSオリジナル 2017.9.13

ふとインスタを見ていると、「何この素敵な場所! どこにあるの?」と思うことはありませんか? そこで、モデル・タレントとして、幅広い分野で活躍中の斉藤アリスさんが、このたびHOLICS専属“壁コレクター”として、さまざまなインスタ映えスポットを収集していきます。いざ、奥深き壁の旅へ!

  • facebook
  • twitter

みなさん、こんにちは! 世界のカフェを巡るモデルの斉藤アリスです。私は無類のカフェ好きで、これまでに世界10カ国100軒以上のカフェを訪れてレポートを書いてきました。そして、この春には書籍「斉藤アリスのときめきカフェ巡り」を出版。この連載では、私が国内外の旅の途中で見つけたフォトジェニックな壁たちをご紹介します。今回の壁はこちら。

ドゥーン! ぬ〜り〜か〜べ〜。まるで生きているかのよう!迫力満点です。ピンクのコンクリート壁には、無数の小さな穴(?)が。これが目のようで、ますます生き物っぽい。名付けて、妖怪・百目壁! そんな具合でしょうか。さ〜て、これは一体どこの壁?

正解は、水道橋にある外国語学校「アテネ・フランセ」の壁です。
主にフランス語と英語を教えている学校です。さらに日本では珍しく、ラテン語の授業も行なっているとか。トーキョー中のインテリジェンス・ピーポーたちが、きっとここに集まってくるんでしょうね。

ホームページをみると、なななんと創立1913年! ざっと100年以上は存在している計算に。一世紀以上前の建物とは思えなーい!!! なんて驚いていたら、すんません早とちりでした。この建物は1962年に増設されたものだそうです。それでも半世紀以上の歴史。あっぱれ〜!

無数の穴だと思っていたものは、近づいてよ〜く見るとアルファベットの文字でした。A、T、E、N、F、R、C、I、S、、、、。う〜ん、きっとATHENEE FRANCAIS(アテネフランセ)の文字を散りばめたのかな? テトリスみたいなコロっとしたフォントがまた可愛い。

さてさて、どうやって写真を撮ろうかしら? とりあえず三脚をセットして、壁の前でハイ、ポーズ。いつものように撮ってみたけど、イマイチ。この壁のよさが伝わらないような……(焦)。

壁を前に四苦八苦していると、隣に現れたのは青デニム3人娘。3人でお揃いのジーンズをはいて、双子コーデならぬ三つ子コーデ。同じ大学の同級生かなぁ? それともバイト先のお友達ぃ? いいな、いいなぁ。キャッキャと楽しそうな声と軽快なシャッター音が聞こえてきます。わ、私も負けてらんない(汗)。

試行錯誤の結果、たどり着いた一枚がこちら。手元にあるカメラのリモートコントローラーが許す限り、思いっきり引いて引いて引きまくって壁の広さをアピール。「どこまでも続くピンクの城壁がとっても眩しいわ〜!」とでも言いたげに、目元に片手をかざすとなおよし。フォトジェニックな写真の完成です。

この日、この壁に合わせて着た壁ファッションは「Lily Brown」のセットアップ。ド派手な壁が引き立つよう、ここではあえてのシンプルコーデで臨むのが正解! 足し算ばかりがオシャレではありません。

今週はここまで。

「アリスちゃん、ここに素敵な壁みつけたよ〜!」というそこのあなた。国内外は問いません!「#カベコレ」、「#HOLICS」でインスタ投稿してみてね。私がフォトジェニックハントしに行っちゃうかも!?

来週もドキドキワクワク、素敵なカベ、教えてあーげる♡

斉藤アリス モデル・ライター

ロンドン生まれ、愛知県育ち。オーストリア人の父と日本人の母を持つ。明治大学農学部を卒業後、ロンドンの美術大学院にてジャーナリズムを専攻し修士号を取得。現在モデルとして活動しながら、ライターとして「Hanako」、「i-VoCE」などで執筆活動も。また、世界のカフェを巡るカフェマニアで「食べロググルメ著名人」としても活躍中。著書に世界10カ国107軒を訪れてまとめた書籍『斉藤アリスのときめきカフェ巡り』。

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事