生理の憂鬱に負けないために知っておきたい「生理周期」の整え方

LIFESTYLE 2017.12.5

ただでさえ憂鬱な生理を、さらに憂鬱にさせる生理不順。知ってるつもりで、意外とちゃんとは知らない生理周期のこと、生理不順の原因や改善方法を正しく知って、上手に生理とおつき合いしていきましょう。

  • facebook
  • twitter

遅れたり、多かったり。女子につきまとう生理トラブルの憂鬱

生理中は、ただでさえ憂鬱になりがち。しかも、なかなかこなかったり、きたと思ったらやけに多かったり、女子は生理に振り回されっぱなしです。生理の周期は、ホルモンの分泌や排卵と関係が。生理の憂鬱を倍増させる生理不順の原因って、なに? そもそも正しい生理周期って、どこからどこまで? LET'Sおさらい!

もともと個人差がある生理。正しい周期って?量や日数は?

生理周期とは、生理の開始日から次の生理の開始日までの日数。標準的には、25日から38日間です。でも、多少のずれはあってもそんなに問題はなく、18日から45日ならすぐには心配ないそう。また日数は3~7日間、経血量は20~140gであれば正常範囲内。人と比べて違うと心配になりますが、もともとかなりの個人差があるんです。

「月経周期が乱れていても、前の月経開始から25~38日で次の月経があり、かつ基礎体温で二相になっていれば排卵がある正常月経。でも月経不順は不便ですよね。ピルで周期を整える方法もあり」(産婦人科医・医学博士 対馬ルリ子先生)

ViVi2016年10月号
対馬ルリ子(つしま・るりこ) 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長 産婦人科医・医学博士

弘前大学医学部卒業。2003年にNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立。全国約600名の医師、医療関係者と連携し、さまざまな啓発活動や政策提言を行っている。著書も多数。

生理不順の原因は「女性ホルモンバランスの乱れ」にあり!

生理のリズムを司る、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモン。この2つの女性ホルモンがバランス良く、正しい周期で分泌されていると生理の周期も安定します。でも、ストレスで自律神経が乱れたり、無理なダイエットをしたりすると、ホルモンのバランスが崩れて生理不順に。ちょっとした体調不良にも影響を受けやすく、周期や経血の量などの生理のトラブルは起こりやすいのです。

ホルモン分泌正常化!生理不順に負けない習慣7つ

生理不順は、病気が原因ではない限り、生活習慣を見直して、ホルモンバランスを整えることができれば解決できます。生理不順に負けないための生活習慣とは?

1 基礎体温で、カラダの中のリズムを知る

出典: Woman℃(W525DZ)¥7143
  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事