働く女子の心に響く!くじけそうになったら読みたい「名言」12

LIFESTYLE 2018.5.13

お仕事を頑張るみなさん! 現代社会の厳しさにくじけそうになっていませんか? 仕事のストレスで身も心もクタクタになったときは、先に社会で活躍している“先輩”のアドバイスに耳を傾けてみて。今回は、さまざまな業界で活躍している“先輩”12人の『名言』を集めました。

  • facebook
  • twitter

経験に基づく「名言」には説得力がある!

出典:

今、さまざまな業界で活躍している著名人も、最初から順風満帆な人なんて皆無! いろいろな経験を経て、今のキャリアがあります。そこで今回は人気女性誌の誌面で紹介された著名人の名言の中から、社会人の心に寄りそうものを厳選してご紹介。社会人ならハッとさせられる名言の数々です!

政財界人、学者、評論家が教える「社会で生き抜く術」

まずご紹介するのは、政財界人、学者、評論家、コンサルタントなど、その道を極め、自ら切り開いてきた経験を持つ人たちの名言。誰にとっても社会で生き抜くのは大変ですが、あえて険しい道を選んできた人の言葉は重みが違います。

出典:

「“バッドニュース・ファースト”。悪いことこそすぐに報告を」(ライフネット生命保険代表取締役社長 岩瀬大輔さん)

with2018年5月号

2006年に副社長としてライフネット生命保険を立ち上げ、現在では代表取締役社長を務める岩瀬さん。著書『入社1年目の教科書 ワークブック』が話題になりましたね。現役社長で常に現代社会を見据える岩瀬さんが社会人に大切だと言うのは、「ミスを隠さない」こと。次の失敗をなくすためにも重要なことなんです!

「『大志』を実現させるには、まず『小志』を達成しよう」(東京都知事 小池百合子さん)

with2018年5月号

通訳者やニュースキャスターを経て政界へ進出し、現在は東京都知事として活躍する小池さん。大志を抱くことを大前提に置き、一度ですべてを手にする機会ばかり狙うのではなく、ひとつずつクリアしていくことが成功への道と教えてくれる言葉です。大きな目標を追い続けてきた小池さんだからこそ、説得力が増しますね。

「肩の力を抜いたら勝機あるよ」(社会学者 古市憲寿さん)

with2017年12月号

慶應義塾大学、東京大学大学院を経て、社会学者として数々のテレビ番組などにコメンテーターとして出演する古市さん。その活躍は“日本学術振興会育志賞受賞”という形で国からも表彰されるほど! 「若者はもっと自己中になっていい」と主張する古市さんだからこそ、必要以上に気負って縮こまるのではなく、余計な力を入れずに物事に挑むことの大切さを教えてくれます。

「『いかに楽をするか』がポイント! ハードルの低い目標をクリア→自己肯定感を高めて」(行動科学マネジメント公認チーフインストラクター・行動習慣コンサルタント®・行動定着コーチ 冨山真由さん)

FRaU2017年2月号

行動科学マネジメントをはじめ、医療分野で指導士やコンサルティング業務など、多岐に渡る分野で活躍する冨山さん。2015年に出版した著書『めんどくさがる自分を動かす技術』が、ビジネス書では異例の半年で5 万部を突破し、各メディアでも大きく取り上げられました。行動科学に基づき、より良い働き方に着目する富山さんは、楽をすることで自分を褒めて成長させることが大切だと伝えています。

「『生きがい』が膨らむことで人は最高にハッピーになれる」(IT評論家 尾原和啓さん)

with2018年4月号
  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事