リノベで理想のキッチンを叶える♡ビルトイン家電の正解・不正解

LIFESTYLE FRaU編集部 2017.11.29

キッチンをリノベーションするなら、おしゃれなビルトイン家電にしたいと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、いざビルトイン家電に変えようと思うと不安や疑問もたくさん出てきますよね。すべてをビルトイン家電にすべきなのか、どこのビルトイン家電が日本の住宅に向いているのか……。そんなビルトイン家電に関する疑問を、輸入家電コメンテーターの斎藤博さんにスッキリ解決してもらいました。

  • facebook
  • twitter

ビルトイン家電はどこまでやるのが正解なのか?

見栄えをよくするためのビルトインで、デザイン性の高い海外製品が候補に挙がるのは当然ですが、日本と欧米とで生活スタイルが異なるため、日本では当然の機能が海外製にはない、といったことはよくあります。なのでまずその機能をどれくらい使うのか、本当に必要かを考えましょう。

存在感が強い食洗機はビルトインにするべき

またビルトイン家電は配管・電源の整備が必要なことが多いため、設置する家が一戸建てかマンションか、新築か中古かで向き不向きが生じます。

オシャレな電子レンジなどはスッキリ収納するのもアリ

リノベーションのタイミングでビルトインを導入する場合、海外製品では寸法や規格が違うこと、ものによっては特別な配管工事が必要なことを、担当の建築会社がよく分かっていないと、後で面倒なことにもなりかねません。まずは数件まわって自分がやりたいことを伝え、反応をみてみましょう。こちらの要望に寄り添ってくれる会社であれば、きっといい結果を出せるはずです。

冷蔵庫は古いほど電気代もかかるのでビルトインしない

製品選びの前に、必ず押さえるべきポイントはこの3つ

1 どうせ必要なものはビルトインで見栄え良く

食洗機など必要なもので、スタンドタイプをそのまま置くと圧迫感のあるものは潔くビルトインに。海外製のほうが中の有効面積が広く、性能面も国産と比べて遜色なし。家族の人数に拘わらず鍋まで入る大容量タイプがおすすめです。

2 生活スタイルで変わるものはビルトインしちゃダメ!

この筆頭が冷蔵庫。家族構成が変われば入れるものも変わるので、生活の変化に合わせた容量・機能のものを選ぶべき。また、新しいほど省電力化も進んでいるので、7~10年で寿命と考え、最新機種に買い替えるのがベター。

3 ビルトインはせずに配電・スペースを整えるのも手

その家電の専用スペース作り、最新機種を置くのも一つの方法です。その際は専用電源とアースも確保しましょう。コンセントの増補なら簡単な工事ですし、コードが見えないように設計するだけで見栄えはぐっと良くなります。

機能性も折り紙付き、プロもおすすめのビルトイン家電

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事