「彼ができたら貯金♡」と言いつつ彼も貯金もできない女子改善講座

LIFESTYLE HOLICSオリジナル 2017.12.15

手取り月収が25万円で、総貯蓄額が30~40万円ほどの28歳女子が登場。同僚はお金を貯めたり、投資をしたりする人も多いと聞き、焦り始めたそう。「でも、彼氏ができるまでは貯金しなくてもいいかも?」と迷える女子に、プロからアドバイスをもらいました!

好きなものに自由にお金を使いたい!けど貯めたい!

阿部はるかさん(仮名)28歳・医療・一人暮らし

・マネーノート
手取り月収 25万円
ボーナス年間手取り 100万円
ひと月の貯蓄額 不明
ボーナスからの年間貯蓄額 決めていない
1年間の貯蓄額 わからない
現在の総貯蓄額 40万円

●1ヵ月あたりの出費
家賃(管理費等込みで) 7万1千円
水道光熱費 7千円
携帯電話代 1万5千円
ネット代(wifiなど) 0円
食費(食材費・お菓子、飲料など) 1万5千円
外食費(平日のランチ、一人でカフェ、夕食を外で等) 1万8千円(下の交際費と合わせて)
交際費(友達とカフェ、ランチ、飲み会等) ―
日用品代 6千円
医療費 4千円
服飾費 5万円
美容費(コスメ・美容院・ネイル・エステ等) 2千円
趣味・娯楽費 5千円
交通費 2千円
習い事(ヨガ教室) 8千円
貯蓄 不明

チェック1 貯金総額は30万円~40万円程度をいったりきたり

阿部さんは、自分でも毎月どれくらい貯めているかをよく把握していないといいます。

「お金を使って、余った分が貯まっているかなあというイメージ。定期預金はしていなくて、普通預金に残っているお金が30万円くらいです。30万円を切ると『危ないかも』と感じてお金を使うのを我慢。それ以外に、家にある500円玉貯金と、お小遣いをもらったときに貯めているお金が合わせて10万円くらい。テレビの後ろの見えないところに置いているんですけど、危ないですかね(笑)」

一人暮らしながら、“へそくり”のようにして、お金の一部を貯めているという阿部さん。

「20代も半ば過ぎなのに、実家に帰ると親が『せっかく帰ってきてくれたんだから』とお小遣いをくれたり、祖父母に会いにいくと『交通費だよ』と1万円をくれたり(笑)。『私は働いているんだから、お小遣いなんていらないよ』というのですが……大事にとっておこうと思います」

●プロのアドバイス 「生活費の3~4ヵ月分はぜひ貯めたいところ」

「いざというときの貯金として、生活費の3~6ヵ月分は貯めたいところ。生活費が20万円なら60~120万円です。現在の貯金は30~40万円とのことなので、少しずつふやしていきたいですね」(ファイナンシャルプランナー大坪美樹さん、以下同)

チェック2 いつのまにか住みついた猫をペットにしている

  • 1/6ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード