あぁ失敗!貯蓄につまずいた女子たちの泣けるエピソード5つ

LIFESTYLE 2018.6.25

お金を貯めたいと思っているのに、失敗してしまった……という悲しいエピソード、みなさんもあるのではないでしょうか。今回は雑誌『with』の読者に、そんな貯蓄のつまずきエピソードをお聞きしました。お金のプロからの、解決アドバイスつきです。ぜひご覧ください!

  • facebook
  • twitter

上手な節約テクは世の中にあふれています。だけど、節約に失敗している人がまだまだたくさんいるのも事実。そこで、そのリアルな節約失敗談から、成功へのヒントをもらっちゃいましょう! ファイナンシャルプランナー・大坪美樹さんに解説してもらいました。 

大坪美樹さん ファイナンシャルプランナー

ブロードマインド株式会社所属。年間約200世帯以上のお客様のお金にまつわるご相談を担当していた経験を活かし、「お金の知識をわかりやすく!」をモットーに活動中。Sodanでもコラム執筆中。

失敗談1:銀行口座を増やしてみたら、管理できなくて全然貯まらない

「銀行口座がたくさんあれば、それだけしっかり貯められるだろうと思って、『将来の一人暮らし用』『結婚資金』『老後資金』などと目的を分けて、銀行口座を作りました。これで貯められるぞ! と思ったのですが、口座が多すぎてどれにどれだけ貯めたらよいかわからなくなり、頭が混乱しただけで、結局全然貯まりません……」(25歳・アパレル)

【お金のプロからのアドバイス】

「確かに、口座が4つも5つもあって、それぞれ数万円ずつ入っていて、管理しきれていないという方はいらっしゃいますね。独身の方であれば、口座は2つくらいでよいと思います。お金の出入りがある口座と、貯める口座の2つ。その方がシンプルでわかりやすいので、まずは絞ってみてください」(ファイナンシャルプランナー・大坪美樹さん)

失敗談2:収入アップを目指して資格コレクターに!でも意味がなかった

「資格がたくさんあれば収入アップにつながるだろうと、さまざまな資格取得や検定にかたっぱしからチャレンジして、楽しかったことは楽しかったのですが……収入にはなんの変化もなし。スクール代やテキスト代、受験代がかかっただけでした。トホホ……」(27歳・商社)

【お金のプロからのアドバイス】

「収入につながるかどうかは、資格の内容によると思います。できるだけ自分の仕事に直結するものを選びたいですね。また受験に向けてがんばったのに、その後放置をしてしまうのはもったいない。何かに活かせる方法はないかを検討してみてください。また、資格取得の前に、『資格を取ったらどうなるか』ということをシミュレーションしておくこともオススメします」(大坪さん)


失敗談3:惰性の“まつエク”は大きな出費だった

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLEライフスタイル

TOTALすべての記事