テイクアウトOK!都内で買える絶品いちごのショートケーキ12

GOURMET HOLICS編集部 2019.5.15

数あるケーキの中でも、時代を超えて不動の人気を誇るショートケーキ。生クリームとスポンジ、爽やかな甘さのいちごというシンプルな構成だからこそ、美味しさがダイレクトに伝わってきます♡ 今回は東京で美味しいショートケーキが食べられる名店を厳選して紹介! 自分用はもちろん、手土産としても◎! シンプルだからこそこだわって選びたいいちごのショートケーキを見つけて♡

本郷三丁目:TIES(タイズ)

出典:

「TIES」は、夫婦で切り盛りするこぢんまりとした喫茶店。「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と考えた店主が数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にオープンしました。自家焙煎、ネルドリップで淹れるコーヒーと共に、手間を惜しまず作られた手作りのケーキが人気。常時12種ほどがショーケースに並び、テイクアウトもOKです。

出典:

季節限定の「苺のショートケーキ」は、大粒いちごが乗った三角形のフォルムがまさに正統派と呼ぶにふさわしいショートケーキ。しっとり感が強めな店主の独自レシピのスポンジは、フレッシュなクリームや「とちおとめ」のフレッシュな風味と果肉感とも相性抜群で、一見オーソドックスに見えますが技ありの逸品です。

銀座:BON BONHEUR(ボンボヌール)

出典:

白金高輪のフレンチ「ラクープドール」の料理長・坪香絢也氏と、フランス・リヨンのパティシエ、セバスチャン・ブイエ氏がコラボしたカフェ。ケーキの他に皿盛りのデザートやフレンチなども提供しています。コーヒーは3種の豆をブレンドし、ハンドドリップを再現するマシンで抽出しています。

出典:

花をイメージして作られたショートケーキは、真っ白な中にいちごの赤がひときわ目立つフォルム。白い生地は、黄身の白い卵と白いハチミツを使用したもので、マスカルポーネ入りのコクのあるクリームや甘酸っぱい「紅ほっぺ」とも相性抜群です。中にはいちごのコンポートも入っており、いちごの凝縮した甘みも楽しめます。テイクアウト(¥1296)もOK!

こだわりのショートケーキをほおばって、ひと時の幸せタイムを♡

出典:

シンプルだからこそ奥深いショートケーキ。老舗から新進気鋭のパティスリーまで、どの店からもこだわりの詰まった逸品がラインナップしています。濃厚な生クリームとフレッシュないちごのコンビネーションは、想像しただけで今すぐ食べたくなっちゃう♡ ぜひ足を運んでお気に入りを見つけてくださいね!

  • 5/5ページ
  • Icon paging first
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード

この記事のキーワード