テイクアウトOK!都内で買える絶品いちごのショートケーキ12

GOURMET HOLICS編集部 2019.5.15

数あるケーキの中でも、時代を超えて不動の人気を誇るショートケーキ。生クリームとスポンジ、爽やかな甘さのいちごというシンプルな構成だからこそ、美味しさがダイレクトに伝わってきます♡ 今回は東京で美味しいショートケーキが食べられる名店を厳選して紹介! 自分用はもちろん、手土産としても◎! シンプルだからこそこだわって選びたいいちごのショートケーキを見つけて♡

出典:

「近江屋洋菓子店」は明治17年創業の老舗。現在でも季節の新鮮な素材を求めて、店主が毎日市場に通っています。「リーズナブルだけどチープではないものを、気楽に買える」をコンセプトに、材料は最高のものを惜しげなくふんだんに使用。工場のオーブンやミキサーなども最高級のものを導入し、日々職人達の手によって美味しい洋菓子の数々が作られています。

出典:

ショートケーキは2種類あり、戦後に正方形の「ショートケーキ」、その後スポンジに挟む缶詰の桜桃の形に合わせて、丸い「サンドショート」も作られるようになったそう。サンドショートはレトロで可愛い見た目だけじゃなく、10個ほど使っているというジューシーないちごの味わいが絶品!

赤坂:西洋菓子しろたえ

出典:

休日も平日も行列ができるほどの人気を誇る、昭和51年に創業した「西洋菓子しろたえ」。1階にケーキ売り場があり、奥にはアンティーク調の家具を用いたレトロな喫茶室も完備。ショーケースには3階の工房で作られた常時20種類ほどのケーキに、10種類ほどの焼き菓子が並びます。売り切れるたびに作って補充されるので、いつでも作りたての味わいが楽しめます。

出典:

「ガトーフレーズ」のスポンジは口当たりがよく、クリームはあっさり。見た目通りの上品な味わいの中に、ほのかなお酒が香ります。上にいちごが乗っていないのは、「食べるときに外すし、見た目もすっきりするから」という理由だそう。390円という価格にも「何度も気軽に食べてもらいたい」というシェフの思いが詰まっています。

西荻窪:Tea&Cake Grace(ティーアンドケーキ グレース)

出典:

「Tea&Cake Grace」は、住宅街の細い路地に構えるおしゃれな一軒家。1984年に紅茶専門店として開店以来、店主が腕を振るう人気のお店です。ケーキは季節替わりを含め、10種ほどを提供。紅茶専門店らしくポットサービスの紅茶も11種用意されており、温かな雰囲気の中、ケーキと共にゆっくり味わうのがおすすめです。

出典:

人気の「いちごのショートケーキ」は、花びらのようないちごのスライスをまとった目にも美しい一品。ふんわりとしたスポンジケーキの間にもぎっしりと「とちおとめ」が詰まっており、ミルク感の強いフレッシュクリームの中にしっかりとしたいちごの甘みと酸味があふれ出ます。

  • 4/5ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード