アロマフレスカ原田シェフのストウブで作る野菜&果物レシピ3選

GOURMET おとなスタイル編集部 2018.3.5

ストウブは、フランス生まれの鋳物ホーロー鍋。プロの料理人御用達としても知られ、イタリアンの人気店アロマフレスカのシェフ・原田慎次さんも長年愛用しているお鍋です。レシピ本『アロマフレスカ原田慎次の ストウブでおうちごはん』から原田シェフが家でも作るという野菜と果物を使った3つのレシピをご紹介します。

  • facebook
  • twitter

原田シェフも愛用!使い勝手抜群、食卓に置いても存在感のあるストウブのお鍋

出典: 『アロマフレスカ原田慎次のストウブでおうちごはん』

料理好きの人やプロの料理人に大人気のストウブを、いち早く使い始めて長年愛用している原田さん。お店の仕込みや調理はもちろん、家で夜食を作るときも、常に身近にいるよき‘’相棒‘’として、原田さんにとってストウブのココットは欠かせない存在になっています。ストウブのよさを知り尽くした原田さんならではの、身近な野菜と果物で作る3つのレシピをご紹介。どれも簡単でおいしく、見た目もおしゃれなのでおもてなしにもピッタリです。

冷凍品で手軽に楽しむレストランの極上テイスト。「グリーンピースのスープ」 

グリーンピースは煮すぎないのがポイント。冷凍のものでもおいしく仕上がります。ストウブのココットは、使い勝手のいい18cmのラウンドを使っています。

出典: 『アロマフレスカ原田慎次の ストウブでおうちごはん』

【材料(2人分)】
グリーンピース(冷凍) 120g
水 200ml
塩 少々
オリーブ油 小さじ2

【作り方】
1 鍋に分量の水を入れて中火にかけ、沸騰したらグリーンピースを加えて3分ほど煮る。途中、アクを取り除く。
2 ミキサーに1を入れて撹拌し、裏ごし器にかけて塩で味をととのえる。
3 器に盛り、オリーブ油を回しかける。

彩り鮮やか、おもてなしのおつまみやパーティーにも!「野菜のブルスケッタ2種」

野菜を蒸し焼きにするとうまみが濃縮されて美味。赤パプリカが冷めてからバジルを加えると、きれいな色に仕上がります。

出典: 『アロマフレスカ原田慎次の ストウブでおうちごはん』

【材料(2人分)】
バゲットの薄切り 12枚

〈ブロッコリー〉
ブロッコリー 1個
ドライトマトの粗みじん切り 2個分
A
にんにくのみじん切り 小さじ2
アンチョビ(フィレ) 2枚
オリーブ油 大さじ5
赤唐辛子 1本

水 120ml
塩 少々

〈赤パプリカ〉
赤パプリカ 2個
玉ねぎの薄切り 1/2個分
オリーブ油 大さじ2
白ワインビネガー 大さじ2
バジルのせん切り 1枝分
塩、粗びき黒こしょう 各少々

【作り方】
1 バゲットは、オーブントースターで軽く色づくまで焼き、にんにく(分量外)をこすりつける。

〈ブロッコリー〉
1 鍋にAを入れて弱火にかける。にんにくが軽く色づいて香りが立ってきたら、小房に分けたブロッコリーを加え、弱火で2~3分蒸し焼きにする。
2 分量の水を加えてさらに5分ほど煮、赤唐辛子を取り出す。ドライトマトを加え、ブロッコリーをスプーンでつぶして塩で味をととのえ、バゲットにのせる。

〈赤パプリカ〉
1 パプリカは直火で皮がまっ黒くなるまで焼く。皮をはがして半分に切り、へたと種を取って細切りにする。
2 鍋にオリーブ油大さじ1、1のパプリカ、玉ねぎを入れてふたをし、弱火で15~20分蒸し焼きにする。途中、ときどき混ぜる。
3 白ワインビネガーと塩で味をととのえ、オリーブ油大さじ1を加えて軽く炒め、火から下ろして冷ます。冷めたらバジルと黒こしょうを加えて混ぜ、バゲットにのせる。

煮込んだらそのまま冷凍庫に入れて♡お鍋で作る「りんごのソルベ」

材料は、酸味のきいた紅玉がおすすめ。家庭用冷蔵庫の冷凍室に入るストウブココット、17cmのオーバルで作る分量です。

出典: 『アロマフレスカ原田慎次の ストウブでおうちごはん』

【材料(2人分)】
りんご(紅玉) 3個
バター 30g
グラニュー糖 90g
りんごジュース(果汁100%) 250ml
レモン(国産) 1/8個

【作り方】
1 りんごは8等分に切り、芯を取り除く。
2 鍋にバターを入れて弱火にかけ、りんごを加えてバターをからめながら2~3分炒める。グラニュー糖を加えて混ぜ、りんごジュースとレモンを加えて、アクを取りながら20分ほど煮込む。
3 レモンを取り出し、粗熱をとった後、鍋ごと冷凍庫に入れて凍らせる。

  • page 1 of 2
  • 1

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事