台湾在住13年・青木由香さんが通う身体にやさしいレストラン3

GOURMET FRaU編集部 2017.10.10

あまり自宅では料理をしない台湾人だからこそ、街には美味しい料理が溢れているって知っていましたか? 2003年から台湾に移り住み、いくつもの書籍を出版している青木由香さん。そんな青木さんがおすすめする、台湾でゆったりくつろげて身体にもやさしいレストランをご紹介します。

出勤後、朝一番に職場ですることは、朝ご飯を食べることという国民性。台湾の形をよく芋の形と例えられますが、胃袋の形っていったほうが正しいくらい、食好きなんです。そんな外食ワンダーランドを、台湾といえばこの人、青木由香さんがナビゲート!

味、雰囲気が好バランスなレストラン『客家小館』

「このレストランは友人の茶人に紹介してもらいました」という青木さん

台北中心部からタクシーでわずか15分ほど。落ち着いた住宅街の中に、美しい緑が生え茂るレストランがあります。

「創作客家(ハッカ)料理のお店なんですが、味付けは控えめで、カウンターに並ぶ小菜はどれも美味しい」と青木さん。

青木さんの大好物「金莎緑竹筍」 420元

客家料理は、塩卵や漬け菜、スルメなど保存食を源にする料理なので、強めで濃い味付けの皿が多いイメージ。しかし、客家小館の料理は保存食の旨味と食感の面白さを生かして、他のレストランとは違い洗練された味わいに仕上がっているんです。台湾の筍が美味しくなる夏に、青木さんがいつも楽しみにしているのが「金莎緑竹筍(ヂンシャーリュウデューシュン)」。瑞々しい筍ととれたてのアスパラ、ピータンにそれぞれ薄く衣をつけてカラッと揚げ、塩卵で味をつけた料理です。上質な塩卵は「なんとクセのない美味しさなのか」と唸るほどの味。喧騒からちょっと離れて上品な台湾料理が食べたくなったら、ここへ来れば間違いないですよ!

白菜燉雞 1000元

予約が必要な、店の名物鍋「白菜燉雞」は、お店を代表する白菜のチキンスープ。

客家小炒 250元

食感の違いを楽しみたい「客家小炒」。スルメイカ、干し豆腐、セロリ、カリカリに揚げた豚バラを甘辛く煮付けて。

SHOP DATA
客家小館(カージャージャオグァン)
新北市永和區智光街22號 TEL:02-3151-7777(11:00〜13:30LO、17:00〜20:30LO 旧正月休) カード不可

こだわりの素材と出汁で胃にもたれない旨味が炸裂!『豊華小館』

小菜の種類が豊富!

「友人の茶人からプッシュされたレストランですが、ホントに大当たり! 台北中心部からタクシーで20分くらいのこの板橋エリアは、近年盛り上がりを見せている地域です」と青木さん。

FRaU編集部

この記事のキーワード

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

GOURMETグルメ

TOTALすべての記事